TOP>ニュース > 嘔吐、腎不全…ペットと観葉植物の危険な組み合わせ

  • ニュース

嘔吐、腎不全…ペットと観葉植物の危険な組み合わせ

嘔吐、腎不全…ペットと観葉植物の危険な組み合わせ

人間にとっては全く無害なものであっても、動物にとっては害がある物って、意外と身の回りには少なくありませんよね。

たとえば芳香剤や消臭剤などは、嗅覚の敏感な犬や猫にとっては刺激が強いものがありますし、食べ物だって、犬猫が食べると命に関わる危険な食品は沢山あります。

中でも見落とすと危険なのが、観葉植物です。

インテリアとして、室内に植物を置いているという世帯も多いと思いますが、ペットにとってはこの観葉植物の品種についての知識も、ある程度求められることになります。

そこで今回は、多数流通しており、安価で購入できるものの、実はペットにとって有害とされている観葉植物について、簡単に紹介していきたいと思います。

ペットにとっては天敵…ユリ科の植物に注意しよう!

これはほとんどの方がご存知だとは思うのですが、とにかくユリ科の観葉植物には注意しましょう。

オリヅルラン、ギボウシなどは、大抵どこの花屋さんでも取り扱われている品種で、しかも丈夫なことから、初心者にもオススメの観葉植物となっています。

しかしながら、ユリ科の植物というのは犬や猫にとっては大変に有害で、万が一歯をかじってしまうなどすると、激しい嘔吐感や腎不全などを引き起こしてしまいます。

ペットが観葉植物を遊び道具にする場合も十分に考えられますし、かじれるものならとりあえずかじってしまう個体もいますので、とにかくユリ科の植物は近づけないようにしたいところですね。

室内でも十分成育するのが魅力のポトスも危ない!

それから、比較的安価で入手できて、日当たりもあまり考慮しなくてもしっかり育てることの可能なポトスもまた、ペットにとっては危険な観葉植物と言えます。

このポトスはサトイモ科の植物になるのですが、たまにサトイモを食べると口が痒くなったり、腫れてしまう人っていますよね。

全く同じことが、犬や猫でも確認されています。

口の中にポトスの葉なり茎なりを入れてしまうと、そのまま腫れてしまうというケースが確認されており、実際筆者も、ポトスを食べて口腔内が腫れてしまった犬を見たことがあります。

ポトスって葉の見映えも良く、アクアテラリウムの素材としても効果的な植物なのですが、こちらもペットと暮らす際には導入しないに越したことはないでしょう。

フィロデンドロンも様々な障害を招くリスクあり!

また、葉も大きく、トロピカルな形状をしているために人気のフィロデンドロンもペットとの共存には適さない観葉植物となります。

非常に丈夫な品種ですので育てやすいのですが、一方でこの植物をかじったり、食べてしまうとポトスのような口腔の腫れや嘔吐、痛みを伴う炎症を招きます。

元々人間にとっても食用に適さない植物で、文字通り煮ても焼いても食べられないのがフィロデンドロンです。

この植物にはいくつかのバリエーションがあり、例えばフィロデンドロン・セロームの場合、店頭では単に「セローム」と表記されただけで取り扱われている場合があります。

こういった場合はあまり観葉植物の知識がないと、フィロデンドロンだと分からないまま購入してしまい、ペットに対面させてしまう可能性がありますので、注意が必要ですね。

おわりに

ところで先日、SNSにアップされている知人の飼い猫の写真を眺めていたところ、その猫の隣にユリらしき植物が写っているのに気が付きました。

蘭は猫にとっては有害な植物ですので、余計なお世話とは思いつつ「猫と一緒に置いてあるのはユリ? だとしたら危ないよ」とメッセージを送りました。

するとその知人は「心配してくれてありがとう、でもこれ、似てるけど違う品種だから安心していいよ」との返事をくれたのです。

お節介の取り越し苦労丸出しといった結果になってしまい、ちょっと恥ずかしい気持ちになったものでした。
筆者もまだまだ、植物の勉強が足りないようです……。

ちなみに、ペットのいる家でも問題なく置ける観葉植物はたくさんあります。

たとえばシュロ、サンセベリア、ガジュマル辺りは安全で、取り扱い店舗も多く、入手にも苦労しません。

どうしても観葉植物も置きたいという場合には、こういった無害な品種を導入してみれはいかがでしょうか?

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

遠隔でミーの様子を確認できるハイテク機器を手に入れた (12.7)

  • ニュース

新感覚猫マンガ『猫のしもべにされまして』コミックス1巻発売&第1話全ページ無料公開 (12.6)

  • ニュース

【猫クイズ】慣れさせ方も解説!猫が嫌がりにくい首輪ってどんなの? (12.5)

  • ニュース

交通事故に遭って保護された黒猫が、今は幸せに暮らしている話。 (12.5)

黒猫ラッキーくんと同居猫たち13
もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る