TOP>ニュース > 抱き上げた体は軽かった。10年間野良として暮らしたサビ猫の思い出

  • ニュース

抱き上げた体は軽かった。10年間野良として暮らしたサビ猫の思い出

抱き上げた体は軽かった。10年間野良として暮らしたサビ猫の思い出

動物にとって、日本の四季というものはなかなか体に堪えるもののようです。

夏は灼熱地獄。冬は降雪によって体の心まで冷えるわけですから、屋外で暮らしている生き物たちにとってはかなりの苦労があることは、想像するまでもないことです。

特に、元々日本には生息していなかった外来生物にとっては、これはまさに死活問題。熱中症で亡くなる個体や、冬を乗り切れずに死んでしまう個体もいます。

特に猫の場合、ともすれば昔から日本で暮らしてきたために、外来種であることを忘れがちですが、本来彼らだって日本の四季の変化に対応を強いられているだけなんですよね。

このところ、野良猫については環境に及ぼす悪影響の大きさを深刻視する意見もあります。ただ、野良猫は元を正せば人間の屋外飼育が当然という飼い方のせいで増えてしまったものですから、彼らは被害者なんですよね。

それに、野良猫たちの一生って、しっかりと観察すると本当に切なく、物悲しいものです。今回はその事例の一端を紹介したいと思います。

名前、不明。年齢、不明。野良猫歴、不明。あるサビ猫の話

筆者が野良猫について思いを馳せるとき、絶対に忘れることができない個体が何頭かいるのですが、今回はおよそ10年にも渡って観察してきた、小柄なサビ猫の話をしたいと思います。

2007年頃のこと。

当時、新潟で暮らしていた筆者は、家の近くの繁華街で、「ンバア〜ォ」と奇妙で大きなダミ声で鳴く野良猫をたびたび見かけ、その都度あやしたり、撫でたりしていました。

その野良猫はサビ色をしていて、体は小さめ。恐らく繁華街という場所柄、どこかのスナックのママにでもご飯をもらっているのでしょう。

人なつっこく、付近の人々の誰もが認識している猫でした。

一度だけ、この猫をあやしているおじさんと遭遇した際に「この猫、名前あるんですか?」と聞いてみたことがあります。

おじさんは「いや、知らない。いつの間にか居ついてる野良だから、多分名前もないんじゃねえの」との答えが返ってきました。

名前もなく、いつから野良をやっているのかも分からず、年齢だって予測するしかない。

これがそのサビ猫の全てでした。

気まぐれに通行人に撫でてもらい、たまに餌付けをする人の厄介になり、付近を糞尿で汚しては嫌な顔をされる。

人馴れをしているので、ときには猫嫌いに追い立てられたり、殴られたり。日本中で多くの野良猫が味わっている状況と同じく、このサビ猫もまた、そんな日々を送っていました。

野良猫の最後ほど惨めなものはない…サビ猫は骨と皮だけになって消えた

野良猫は、屋外での寿命はせいぜい5年や6年だと言われています。

外には危険も多く、感染病にかかってしまえばたちまちに体力も奪われ、死ぬことになります。5、6年という命も、間違いではないでしょう。

その点、このサビ猫は幸運でした。

根城していた通りは車が1台通るのがやっとという小路。必然、交通事故のリスクは極端に低くなります。このためか、サビ猫は5回目の冬を越しても、6回目の真夏を乗り越えても、なお健在でした。

しかし動物は必ず老いていきます。

そして後ろ盾のない野良猫の最後は、これは本当に悲惨なものです。

最後にこのサビ猫を見たのは、2017年の冬でした。

この年もまた例年のように一面雪が覆っていたのですが、サビ猫は除雪された小路のど真ん中で、ふらふらと歩いていたのを今もおぼえています。

その背後からは、車が接近していました。

何度かクラクションを鳴らしていたのですが、サビ猫は動じません。ひょっとすると、もう耳も聞こえなくなっていたのかもしれません。

見かねてサビ猫を抱きかかえ、脇道に移動させたのですが、その体のあまりに軽いこと。

自宅にいる3キロの飼い猫の、せいぜい半分もあったかなかったか。

相変わらず大きなダミ声で「ンバア〜ォ」と鳴いていましたが、毛並みは既にズタボロ。

肉は削げ、骨が浮いていました。

ふらふらとした足取りで、裏路地に消える姿を見たのを最後に、筆者はもう二度とふたたび、サビ猫に会うことはできませんでした。

おわりに

このサビ猫の事例は、まだかなりマシな部類ではないかと個人的には考えているところです。

野良として10年も生き続けることが出来たわけですから。

しかし、それでもやっぱり、あの最後の姿、あの軽さは、直視に耐えない状態で、大きなショックを受けました。

現在、屋外では非常に多くの野良猫が生活しています。

しばしばそんな姿を写した写真展も開催されているところですよね。

ただ、そういった写真を見るなどして野良猫の実態に触れる際には、彼らが野良猫となって苦労をしている背景にも触れることも必要なのかもしれません。

野良猫の最後は、得てして無残です。

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

きょうは七五三なんですってッ【ねこの写真で4コマ漫画】 (11.15)

  • ニュース

覚えておいて損はなし!初めて猫を飼う時に覚えておきたい「猫用語」 (11.14)

  • ニュース

大人も楽しめる図鑑絵本『ねこのずかん』を知ってる? (11.14)

  • ニュース

黒猫映りこむ【仔猫を拾ったので】 (11.14)

  • ニュース

愛情を受け続けた猫ちゃんがとってもかわいくなったんですってッ【ねこの写真で4コマ漫画】 (11.14)

  • ニュース

猫又の元ネタ?仙狸という妖怪ヤマネコ【異形の猫】 (11.13)

  • ニュース

猫のポン太くんの七変化をご覧あれ! (11.13)

  • ニュース

うるしの日だから漆のハナシ【ねこの写真で4コマ漫画】 (11.13)

もっと見る

注目のグッズ

ファン待望!「俺、つしま」グッズ3選

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る