TOP>ニュース > 雪遊びが楽しめるビック・ベア・レイク【猫と行くキャンピングカーの旅】

  • ニュース

雪遊びが楽しめるビック・ベア・レイク【猫と行くキャンピングカーの旅】

雪遊びが楽しめるビック・ベア・レイク【猫と行くキャンピングカーの旅】

アメリカ・ロサンゼルスというと常夏のイメージを持つ人も少なくありませんが、四季があり冬は結構気温が低くなります。しかし、雪が降ることはめったにありません。

そんなロサンゼルスっ子が雪に触れたくて向かう場所がビック・ベア・レイクです。ここはバーナーディーノ山脈の一角にある湖で、ロサンゼルスから車で2時間ほどとアクセスしやすい場所にあります。

標高は2000メートル以上。ちょっと走るだけで息が切れてしまうほど(飼い主たちの運動不足のせいかもしれませんが)。夏は避暑地として湖で釣りやカヤックが楽しめ、冬はスキー場が数カ所あり、雪遊びが楽しめます。

今回のキャンピングカーの旅は、太郎君と権平君の初雪体験をしにビック・ベア・レイクへ。

雪が降りアクセスできないこともあり、冬季キャンプ場は予約を取らない場所が多く、行ってみて空いていれば泊まれるという「Frist come first served」。出発時は晴れ。雪は降っておらず、路面も凍結していなかったため、無事RVパークに到着。

ただし、年末でホリディーシーズンだったため、スキー場に向かう人が多く渋滞しており、予定よりも到着が遅れ、夕方寒い中キャンピングカーを設置。

さすがに毛がふさふさの2匹でも寒いと思い、散歩は次の日に持ち越し。

翌日の天候も晴れ。クリスマスにたっぷり雪が降ったらしく、キャンプ場はまだまだ雪がたくさん!

早速、初雪体験へ。

権平君は、何も怖がらず白い大地にジャンプ。

雪の匂いを嗅いで・・・

ぐいぐい歩いて行きます。

慎重派の太郎君は、恐る恐る白い大地の匂いを嗅ぎながら、そろそろ歩いています。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

フレーメン反応、コーキシン、ブレイズ…意外と知らない猫の専門用語9選 (8.3)

  • ニュース

【ランドセル猫】肩乗りミーちゃんは、しっぽをゆらゆらさせて今日もご機嫌 (8.3)

  • ニュース

灼熱の日本の夏!屋外で暮らす猫はどうやり過ごしてるの? (8.3)

  • ニュース

初めて猫を飼う人が驚く!猫の意外すぎる8つの行動 (8.2)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る