TOP>ニュース > 猫は不妊手術すると、どんな性格になる?

  • ニュース

猫は不妊手術すると、どんな性格になる?

猫は不妊手術すると、どんな性格になる?

年に数回訪れる猫の発情期。夜中に大声で鳴く、スプレー行為をするなど困った問題を起こしますが、不妊手術をすると、非常に猫と生活しやすくなります。ただ、不妊手術による傷が痛むのではないかとか、飼い主さんにしてみたら悩ましいこともありますよね。不妊手術のメリットやデメリットには、どんなことがあるのでしょうか。

穏やかな性格になるので、人と暮らしやすい

猫は発情期になると夜中に大声で鳴く、スプレー行為をする、外に行きたがる、オス同士喧嘩するなどの問題行動を起こしますが、不妊手術をすると、こうした行為はなくなります。猫も発情期がなくなると、非常に心穏やかに暮らすことができるので、精神的に楽になれるのです。問題行動がなくなるだけでなく、穏やかな性格の猫と暮らせるのは、飼い主さんにとっても大きなメリットですよね。

病気予防ができる

避妊手術をしていないメス猫は乳がんになりやすいのですが、この乳がんは早期の段階から肺やリンパ節に転移するので、命の危険にさらされます。ところが、避妊手術を受けた猫は、生後6ヶ月以内に受けた場合約90%、生後1年以内の場合は約86%も乳がんになる確率を減らすことができ、生死に関わる病気を予防できるのです。

他にも子宮蓄膿症や卵巣腫瘍といった生殖器に関する病気を予防できることが分かっています。

さらに、異性を求めて外に出ていきたい衝動も抑えられるので、発情が原因で事故に遭うこともなく、他の猫とのケンカによる感染症も防ぐことができるのです。

デメリットもあるけれど

不妊手術によるデメリットは、太りやすくなることです。ただ、これは人間の工夫次第で太らないようにコントロールできることです。

不妊手術は痛くないのか

飼い主さんにとって、愛する猫が痛みを感じるというのは、とてもつらいことですよね。獣医さんによると、猫によって個体差はありますが、麻酔が切れた後、不妊手術後の術創が痛むことはあるそうです。傷が大きければ大きいほど痛むので、オス猫よりメス猫のほうが痛みを感じやすいと言えます。ただ、この痛みに苦しんでいるようなら、獣医師は痛み止めを処方するなど適切に対処するそうです。

痛みとは違うのですが、手術の傷が治ってくる時に、かゆみを感じて舐めてしまう子がいるので、その時、傷口が化膿しないか気をつけてあげる必要もあるといいます。

不妊手術によるメリットとデメリット、一般的にはメリットのほうが多いと考えられているそうです。乳がんの危険を減らすためにも、できるだけ若いうちに考えてあげたいですね。

文/渡辺陽

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

サーカスを観るような展覧会!「ヒグチユウコ展 CIRCUS」 (1.24)

  • ニュース

絶体絶命のピンチ…そんな時に発揮されるあなたの馬鹿力レベル【猫と心理テスト】 (1.24)

  • ニュース

抱き上げた体は軽かった。10年間野良として暮らしたサビ猫の思い出 (1.24)

  • ニュース

AIの発展はスゴイわね【ねこの写真で4コマ漫画】 (1.24)

  • ニュース

人間年齢では100歳!20歳を迎えたご長寿猫たち (1.23)

  • ニュース

パパン、気付いてないでしょう?【ねこの写真で4コマ漫画】 (1.23)

  • ニュース

犬猫の魔力…?人間の運命を変えた犬・猫たち (1.22)

  • ニュース

ペットを飼うには経済力は必要か?【ねこの写真で4コマ漫画】 (1.22)

もっと見る

注目のグッズ

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る