TOP>ニュース > 猫の発情期中に起こる問題とは…?

  • ニュース

猫の発情期中に起こる問題とは…?

猫の発情期中に起こる問題とは…?

猫の発情期が来ると夜も眠れず、毎日睡眠不足。困ったなと思いつつも、手術をしたら痛いんじゃないかとか、動物なんだから自然のママがいいんじゃないかとか、いろいろ迷うことってありますよね。しかし、発情期の猫には、こんな困った問題があるのです。

猫の発情期の困った問題!

猫だって長い歴史の中で子孫を残してきたから今があるわけで、発情します。人間と違うのは、発情期は年に数回、決まった時期に起きるということ。なんだか落ち着きがなくなり、家で飼っている猫もそわそわし始めます。完全室内飼いしていても、発情期はなくならないので、困った行動が増えるのです。

不妊手術をしていない猫は、どんな問題行動を起こすのでしょうか。

スプレー行為

通常、猫は猫砂を入れてあげると、そこでトイレをします。ところが、発情期になると、スプレー行為といって、オシッコを壁や家具にシャーッと吹きかけるようになるのです。発情期の猫はスプレー行為で縄張りを主張するのですが、尿の臭いの臭いことといったらありません。

大声をあげる

猫を飼っている人はもちろん、猫を飼っていない人でも、夜中になると発情した野良猫が発する奇妙で大きな声を聞いたことがあるのではないでしょうか。ニャオ~ともガオ~とも違うだみ声。し~んと静まり返った晩になると、この声を発するので、飼い主が睡眠不足になるだけでなく、近所迷惑になってしまうこともあります。

外に出たくなるにゃん!

発情期になると、当然、猫は異性を探しに行きたくなります。たいてい発情期のメス猫のまわりにオス猫が集まり、大きくて強いオス猫ほどメス猫に近づくことができるのです。フェロモンのいい匂いに誘われて出ていったはいいけれど、そのまま迷子になったり、交通事故で死亡してしまうことも!絶対に出ていかないように注意しなければなりません。

オス同士の戦いが増える

1匹のメス猫を巡って戦いを繰り広げるオス猫。猫の場合、どのオス猫を選ぶかはメス猫に絶対的な権利があります。嫌なオス猫とは絶対に交尾しないのです。そのため、オス猫は自分の強さを誇示したり、メス猫の近くに陣取ったりするためにケンカをすることがあります。その時に傷を負うと、感染症の原因にもなるのです。

うちの猫は、発情期でも絶対に外に出ることはないから大丈夫。そう思っても、さすがに大きな声を出されるのには参ってしまうかもしれません。何より、こうした猫にとって、自然な行為を我慢させられるストレスは計り知れないもの。不妊手術について真剣に考えてみましょう。

文/渡辺陽

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

苦味、甘み、酸味…猫が感じられない味はどれだ?【猫クイズ】 (3.25)

  • ニュース

可愛すぎて食べれない。猫いっぱいのスイーツBOOK (3.25)

  • ニュース

一緒に暮らすからこそわかる”ワン””ニャ”... (3.25)

  • ニュース

猫さんの前で死んだふりをしたら?【ねこの写真で4コマ漫画】 (3.25)

  • ニュース

“薄焼き 貝柱”、いただきます【猫のおやつを食べてみた!】 (3.24)

  • ニュース

自分を「人」だと思っている爆笑猫画像15選! (3.24)

  • ニュース

猫が噛む理由【ねこの写真で4コマ漫画】 (3.24)

  • ニュース

恨めしそうに見る【仔猫を拾ったので】 (3.23)

もっと見る

注目のグッズ

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る