TOP>ニュース > 韓国の「ペット専攻大学」では何を学べるのか?

  • ニュース

韓国の「ペット専攻大学」では何を学べるのか?

韓国の「ペット専攻大学」では何を学べるのか?

今、韓国ではペット市場が大きく広がっている。その好況からこの市場をPetとEconomy(経済)をあわせ”ペッコノミー”と新しい言葉で呼ばれるほどだ。

最近ではコンビニ業界までがプレミアムフードやおもちゃなどの自社ブランド商品を販売し始めるなど、目を見張るばかりである。全体の市場規模からみると2012年は9000億ウォン(約910億円)だったのに対して2015年は1兆9000億ウォン(約1820億円)と倍増し、2020年には5兆8000億ウォン(約5900億円)にまで拡大するであろうと分析されている。

このようなペッコノミーに湧く韓国で、いわゆる、どんな動物にも対する専門知識を持った獣医ではなく、いわゆるペットを専門とする学科や専攻のカリキュラムが組まれた大学が増えてきているのだ。一体、どのような教育がなされ、どんな人材の育成をしているのだろうか。

韓国専門大学教育協議会によると、その設立の目的は、様々に広がったペット市場の社会的な需要のためであり、その需要に合わせた教育の運営をしているのだという。

学生たちの主な学習目標は、①愛犬美容士および管理士の養成、②実務教育を通じたブリーダーや飼育士の養成、③動物看護および治療教育の強化を通した動物福祉士の養成、④実験動物の概念と技法の教育を通した人力の養成、⑤ペットのしつけなど動物訓練士の養成、⑥ペット関連分野の開業に向けたマーケティング教育などである。このような教育課程と実習を通して、学生たちを現場融合型の専門家として養成しているのだ。

では、ペット専攻にどのような資質と素養が求められているのだろうか。それはやはり、動物を理解し配慮する温かい感性と、誠実さである。動物福祉や健康管理のための責任感や忍耐心を持った健全な学生を求めているのだという。実際の教育現場においては、生物関連の知識と、関連知識の習得のため英語の能力も必要だという。つまり文系・理系の両方の知識も求められていくのだ。

このようなペット専攻の大学を卒業をした場合、どのような職種に就職できるのだろうか。動物病院をはじめ、動物訓練士、動物薬品の生産や販売会社などの職種や、トリマーやブリーダーなどのペット関連の職種など、様々な職種がある。その他に農場の自営や畜産関連の公務員といった多岐なにわたる分野に就職をしている状況なのだという。

また、この様な職種に就職するために、大学ではペットの美容師、訓練士、ペット管理士、実験動物技術員、動物福祉看護士、畜産産業技士やブリーダーに関するいろいろな資格等を取得できるというのだ。

 

現在、韓国は日本と同様に、一人暮らしの増加や、晩婚化などによる超少子化の社会と向きあっている。この様な社会の中、人とのふれあいが減っていき、家庭内の新しいパートナーとしてペットを迎える人が増加しているという。

現在、韓国では約1千万人近くがペットを飼育している状況なのだ。以前は、韓国でのペットに対する意識は高いものではなく、ペットは単純に家にいる動物という感じだった。

しかしながら、現在は人とペットは有機的な関係を結んでいる伴侶だという意識的変化により、ペットの体系的な管理と訓練を担う専門的な人材が必要となっている状況にまで変わってきたのだ。こういった社会変化、社会的需要により、現在では韓国国内の10ヶ所の大学で、一学年約1000人の学生が学んでいるのだ。とはいえ、ペットに対する考え方は、他国と比べてまだまだのところもある。これからの発展性に大いに期待したい。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

飛べない猫はただの猫!!猫の一瞬をとらえたパーフェクトタイミングフォト14選 (10.25)

  • ニュース

チューするとすぐ舐める。珍しい舌ペロフーちゃん。 (10.25)

  • ニュース

注意!子猫に成猫用のフードをあげると、栄養不足になる? (10.24)

  • ニュース

猫アレルギー持ちの猫LOVERさんに朗報!猫アレルギーの出にくい猫カフェ「CatsHous... (10.24)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る