TOP>ニュース > 殺処分される動物を減らすための具体的な方法とは?

  • ニュース

殺処分される動物を減らすための具体的な方法とは?

殺処分される動物を減らすための具体的な方法とは?

「殺処分される動物を減らしたい」―そんな想いから犬猫の保護・譲渡活動を行っている方は様々な譲渡条件を設けながら、動物たちが2度と悲しい思いをしないよう、配慮している。しかし、譲渡条件が厳しすぎると逆に、ペットショップから動物を迎えるという状況を作り出してしまうこともある。

虐待防止と譲渡のどちらを優先していくのか。それは、動物への愛情が強い人にとっては永遠の課題だが、譲渡条件を見直すことで新たな風を吹き込んでいくこともできるかもしれない。

動物の譲渡に「保証人を立てる」という考え

筆者はこれまでに、「保証人を立てる」ことを譲渡条件とする代わりに譲渡のハードルを低くして、ひとり暮らしや年配の方にも譲り渡している動物愛護団体さんや保護猫カフェさんをいくつか見てきた。その中で、保証人を立てての譲渡活動にはメリットも多くあるように感じた。

中でも、一番のメリットは譲渡できる層が広がること。現在は、老後に動物と一緒に暮らしたいと思っても、高齢になると動物を譲渡してもらうことがなかなか難しい。それはたしかに、悲しい思いをしない動物を増やさないために大切なことだが、いざ自分が年老いたときに動物がいない環境の中で心から満足できるのかと尋ねられたら、やはり寂しいものだと筆者は思う。こうした想いはもしかしたら人間の身勝手なものなのかもしれない。しかし、現状では動物と一緒に入居できる老人ホームなどがまだまだ少ないため、実際にそんな気持ちを抱えている方も少なくないのではないだろうか。

「保証人を立てること」で譲渡のハードルが少し下がれば、自分の命が燃え尽きるまで愛しい存在と一緒に過ごせ、自分の亡き後、ペットは保証人のもとで幸せに暮らしていけるはず。譲渡できる層が増えていけばその分、殺処分から救われる命も多くなっていくかもしれない。

そして、「ペットの保証人」という結びつきを通して人間同士も繋がっていきやすいので、孤立からの多頭飼育崩壊を防ぐこともできるはず。さらに、飼い主が不慮の事後に巻き込まれたり、病気を患ったりしてしまったときでも事前に保証人を立てているので、ペットが苦しい思いをしにくくなる。保証人となる方には証明書などをしっかりと提示してもらうようにすれば、虐待を防ぐこともできるかもしれない。

保証人制度で譲渡条件を低くすることへの課題

そうはいっても、「保証人を立てること」を必須条件にして、譲渡のハードルを下げることにはいくつかの課題もある。例えば、様々な事情で保証人を立てられない人が、逆に譲渡対象から外れてしまうのもデメリット。ペットの飼育が保証人の意志によっても左右されるようになると、歯がゆい思いをしてしまう人も必ず出てくるだろう。

そして、虐待を行う人同士が協力し合って譲渡を希望してくる恐れがあったり、保証人が本当に最期まで終生飼育をしてくれるのかどうか不安になったりしてしまうのも、課題だ。

このように、「保証人」を必須条件にして譲渡できる層を広げていっても、ペットを取り巻く環境は100%安全になるとは言い切れない部分もある。しかし、新しい譲渡条件や仕組みを考えていくことで、繋げられる命も必ずあるはずだ。

多くの命を助け、殺処分を減らすには、生態販売を止めるペットショップが出てきているように、時代の流れも踏まえながら「譲渡条件」を見つめ直していくことも、動物を守っていく私たちの課題なのかもしれない。

文/古川諭香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

【猫クイズ】短足・小型・巻き毛が特徴の「ラムキン」ってどんな猫種? (3.3)

  • ニュース

ぼくたちは猫を育てているのではない。猫に育てられているのだ。 (2.27)

  • ニュース

雪の降る中、お姫様抱っこで登校しました。 (2.27)

  • ニュース

タヌキは人を化かす!?ただしどうやら猫には勝てない (2.27)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る