TOP>ニュース > キャットフードの理想温度は、動物の体温に近い39℃だった?

  • ニュース

キャットフードの理想温度は、動物の体温に近い39℃だった?

キャットフードの理想温度は、動物の体温に近い39℃だった?

これからの季節、温かい鍋ものや汁ものを食べるとホッとしますよね。それと同じように、愛犬や愛猫にあげているウェットフードも、少し温めると食欲が増進するのをご存じですか? 犬や猫は味覚よりも嗅覚が優れているので、おいしそうな匂い(香り)に強く反応します。ウェットフードは温めるとより香りが強く立つので、食欲がアップするのです。

とはいえ、熱すぎると舌をやけどしたり、冷めるまで食べられなかったりするので、要注意。電子レンジで温めると熱くなりすぎるので、少し冷ましてからあげるなどのひと手間が必要です。「毎食、レンジで熱して冷ますのは、ちょっと面倒だな…」「ちょうどいい温度がよくわからない…」という人におすすめなのが、ジェックスから販売されているペットフード専用のウォーマー「ラクック」です。

入れておくだけで、理想の温度39℃をキープ!


レギュラータイプの「ジェックス 食べごろほっとストッカー S レトルトフードウォーマー 39度 ペット用」(オープン価格)。ほかにミニタイプがあります

使い方は、ストッカー内にフードを入れておくだけ。熱伝導に優れ、効率よくレトルトフードをあたためる温度制御システムを採用しているので、いつもペットフードを適温にキープしておくことができます。


入れられる商品の目安(レギュラーサイズの場合) 約130gまでの犬・猫用パウチ:6~8個、約100gまでの犬用トレー(四角):6個、約70gまでの猫用缶詰(小):4個、約160gまでの猫用缶詰(中):3個、約400gまでの犬用缶詰(大):1個

第三者機関で行った猫の試食実験では、ラクックで温めると、いつもと同じフードでも食事量が27%もアップしたそうです。温めることで、香りが増すことや、これまで固まっていたフードが柔らかくなることでおいしさが増したと考えられます。

気になるのは電気代ですが、レギュラーサイズは連続使用しても1日たったの約5円(1kWh=25円/周囲温度20度の場合)。ミニサイズは1日約4円。1か月間で120~150円前後ですから、それで食欲がアップし健康になるなら、安いものですよね。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

匂いフェチ…?猫は使用済み靴下がお好き? (11.19)

  • ニュース

え、猫も…?忘れてはいけない「猫の狂犬病」 (11.19)

  • ニュース

取扱注意!猫は「嫌なこと」を忘れない動物だった (11.19)

  • ニュース

隠してなぁい?【ねこの写真で4コマ漫画】 (11.19)

  • ニュース

お留守番中の猫の行動をスマホに送ってくれる“未来の首輪” (11.18)

  • ニュース

素朴な疑問。猫にも「LGBT」っているの…? (11.18)

  • ニュース

おでんのBGMといえばこの曲よねッ【ねこの写真で4コマ漫画】 (11.18)

  • ニュース

ニコニコ幸せ【仔猫を拾ったので】 (11.17)

もっと見る

注目のグッズ

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る