TOP>ニュース > 75歳のおじいさんが毎日シェルターに来て猫と寝る理由

  • ニュース

75歳のおじいさんが毎日シェルターに来て猫と寝る理由

75歳のおじいさんが毎日シェルターに来て猫と寝る理由

ウィスコンシン州に住むテリーさん、75歳。

彼が毎日訪れる場所は、公園でもなく映画館でもなく「Safe Haven Pet Sanctuary」という猫と触れ合いができるアニマルシェルター。そして、そこで猫と昼寝をとることが日課となっているのです。

しかし、テリーさんがここで昼寝をするようになったのは意図的ではありません。


SAFE HAVEN PET SANCTUARY INC.

テリーさんがぶらりとシェルターに現れたのは6か月前。「初めはただ猫をブラッシングしたり触れ合う目的だった」とSafe Haven Pet Sanctuaryのエリザベスさんは言います。彼はそれから度々現れるようになり、ついに毎日来るようになりました。彼は来るたびにすべての猫をブラッシングして自分を紹介していたとのこと。

「彼は決してボランティアになりたいとは言わなかった。なので、結局私たちが彼に公式のボランティアになるようにすすめ、ボランティフォームに記入してもらった」と言います。


SAFE HAVEN PET SANCTUARY INC.

Safe Haven Pet Sanctuaryは公共のシェルターで安楽死させられるリスクがある障害を持つ猫を主に引き取っています。そして、その猫たちと触れ合えるように、施設内にはケージフリーで猫を自由にさせているエリアがあります。テリーさんは毎日来て、約3時間ほどそこで時間を過ごすようになりました。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

猫のおやつを(人間が)食レポいたします! (1.17)

  • ニュース

食べるな、危険!猫に絶対あげてはいけない食べ物 (1.17)

  • ニュース

右見て・左見て・もう一度右見て【ねこの写真で4コマ漫画】 (1.17)

  • ニュース

「ペット可物件」は意外と少ない…探すにはコツがいる (1.16)

  • ニュース

猫がバイクに?ヤマハ発電機の「ニャイケン」がシュールすぎる (1.16)

  • ニュース

「虐待から救ってくれてありがとう」感謝を忘れない姿に胸がキュンとなる。 (1.16)

  • ニュース

お前が俺しかいないって言うなら【ねこの写真で4コマ漫画】 (1.16)

  • ニュース

ワイルド!ヒョウ柄猫の「オシキャット」 (1.15)

もっと見る

注目のグッズ

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る