TOP>ニュース > 思わず食べてしまいそうになる「にゃんこロールケーキトンネル」が大人気

  • ニュース

思わず食べてしまいそうになる「にゃんこロールケーキトンネル」が大人気

思わず食べてしまいそうになる「にゃんこロールケーキトンネル」が大人気

「フェリシモ猫部™」は、「クリーム気分でまったりニャ にゃんこロールケーキトンネル」のウェブ予約販売を2018年9月13日から開始。猛烈にSNS映えする写真が撮影できると、早くも大人気だそうです。

「クリーム気分でまったりニャ にゃんこロールケーキトンネル」(税別6,900円)うち138円は「フェリシモの猫基金」として運用(基金部分は非課税)。高さ約25cm(いちご含まず)、幅約27cm、長さ約40cm、入口の直径約14cm。素材はポリエステル100%、中材:ポリウレタン 中わた:ポリエステル

このユニークなトンネルクッションがどんなふうに完成したのか、株式会社 フェリシモ 生活雑貨事業部 猫部グループの小木のり子さんに聞きしました。

じつはお蔵入りしてしまうかもしれない商品だった!?

――なぜ、ロールケーキ型のトンネルクッションを作ったのですか?

お客さまから「猫が使って可愛い猫ベッドを作って!」というお声をいただいたのがきっかけです。デザインを考える際、「猫が使って可愛い=写真映え(インスタ映え)」といえばやはり「スイーツモチーフ」でしょう!ということとなり、猫がスイーツの一部になるベッドデザインを10案ほど考えました。その第1弾としてデビューしたのが昨年12月発売の「にゃんこタルトクッション」でした。その好評を受け、タルトと同時並行で温めていたロールケーキ企画もこの度のデビューに至りました。


「フルーツタルトの具になってスヤァ スイーツにゃんこクッション」(税別6,100円)

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

【猫クイズ】短足・小型・巻き毛が特徴の「ラムキン」ってどんな猫種? (3.3)

  • ニュース

ぼくたちは猫を育てているのではない。猫に育てられているのだ。 (2.27)

  • ニュース

雪の降る中、お姫様抱っこで登校しました。 (2.27)

  • ニュース

タヌキは人を化かす!?ただしどうやら猫には勝てない (2.27)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る