TOP>ニュース > 「ごった煮状態」の動物問題を、さてどうする?

  • ニュース

「ごった煮状態」の動物問題を、さてどうする?

「ごった煮状態」の動物問題を、さてどうする?
中央環境審議会動物愛護部会(第50回)

「わざとごちゃごちゃにしているようにさえ思える」、そうぼそっと呟いた人もいたくらい動物をめぐる問題・課題がこれほどあるのかと頭を抱えたくなるような印象を受けた第50回動物愛護部会。


16名からなる委員により、広範にわたる現状の課題について意見が交わされた。その結果は基本指針の見直しや、関連する政省令、通知、ガイドラインなどの検討に活用され、法改正時には情報として提供されることもある/©Pmoon

前回までは、5つのテーマ*1を設け、それぞれに意見が交わされてきたが、その間、自治体からも意見が寄せられており(対象121自治体、うち意見提出自治体59)、今回はそれらの総まとめとなる。

殺処分問題とその方法の是非、犬猫の引取りや譲渡に対する考え方、動物虐待や遺棄への対応、実猟犬の扱い、インターネット販売、移動販売、オークション、ブリーダーのあり方、多頭飼育問題、民間ボランティアとの連携のあり方、動物取扱業の規制、展示動物、産業動物、実験動物、地域差による自治体の方向性…など、考えるべき問題は数多く、中には動愛法も改正を重ねるにつれてわかりにくくなっているので、「動物の管理」に関する部分は分離して、そろそろ別の法律にすることを検討する時期にきているのではないかというような意見も出ている。

そうしたごった煮状態の中、私たちにとって身近なものをいくつかピックアップしてみたいと思う。

「殺処分ゼロ」というスローガンは誤解を呼ぶ?

2013年に環境省により『人と動物が幸せに暮らす社会の実現プロジェクト』が立ち上げられ、殺処分が将来的にはなくなることを目指すとし、前回の法改正においてもそのために自治体は返還・譲渡の努力を行うことが規定されたが(第35条第4項)、実際に以前と比べて殺処分数は減少してきているものの、その裏では別な問題も発生じている。

たとえば、

○ 「ゼロ」を意識するあまり、譲渡には不適切と思われる個体も譲渡されるケースがある。

○新しい飼い主が見つからず長期収容される個体が増え、施設や人員のキャパシティーをはるかに超えると飼育管理不足に陥り、逆に虐待につながることも懸念される。

○「ゼロ」への取組みや考え方、結果などに対して、自治体はもとより、職員個人への批判が寄せられたり、その土地の実情もわからないままに他地域から批判が寄せられたりするケースもある。…など。

実は、環境省が年度ごとに公表している犬猫の殺処分数には、輸送途中や収容中に病死や自然死した数も含まれている。よって、数字が「5」であっても、それは殺処分した数ではなく、自然死したケースの場合もあるわけだ。こうしたところからくる誤解が、場合によっては苦情や批判につながってしまうこともあるのかもしれない。

また、殺処分ゼロの対象が不明瞭だという指摘もあり、環境省では、殺処分を最大限なくし、より効果的な取組みができるようにするためにも、殺処分数について以下の3つのカテゴリーに分ける試行をしている。

① 譲渡することが適切ではない場合の殺処分(治療の見込みがない病気や攻撃性があるなど)
具体例:重度の認知症、動物衛生や公衆衛生の観点からパルボウィルスや猫後天性免疫不全症候群などの感染症に罹患している場合、人を再々噛んだ履歴があるような攻撃性をもつ場合、闘犬として使用または訓練された犬で重大な危害を及ぼす恐れがある場合、など

② ①以外の殺処分

③ 引き取り後の死亡(病気やケガ、老衰、幼齢など)

今後は②にあたる個体の返還・譲渡を積極的に行うことがより重要で、①③は引取りがなくならない限りゼロにすることは不可能と思われるが、引き続き引取り数を減らすための努力は必要としている。なお、このデータは毎年度公表されるとのこと 。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

出産後の母猫が気を付けたい3つの病気とは? (11.28)

  • ニュース

猫用木製家具ブランド「KARIMOKU CAT」など、愛犬・愛猫と心地よく暮らせるペット用... (11.26)

  • ニュース

どの時間帯に掃除機をかければ、愛猫のストレスにならないのか? (11.25)

  • ニュース

【猫クイズ】無毛の猫スフィンクスに「必要なお世話」って? (11.23)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る