TOP>ニュース > 猫砂と排泄物をトイレに流さないほうがいい理由

  • ニュース

猫砂と排泄物をトイレに流さないほうがいい理由

猫砂と排泄物をトイレに流さないほうがいい理由

数ヶ月前に、友人の結婚式があるため地元に帰省したとき、その友人のおばあさんから、思いがけず猫についての面白い話を聞くことができました。

なんでもこのおばあさん、自分が嫁ぐまでの23年間、ずっと猫と暮らしてきたといい、そのときの日々の観察日記を未だに保管していたのです。

友人そっちのけで日記を読ませてもらいつつ、おばあさんにふと「昔って、猫のトイレはどうしてたんですか?」と質問してみました。

すると「よそ様の畑に悪さしないように、近所の海岸まで砂を採りに、毎朝出かけてた」と言うのです。
考えてみれば昔はまだペットショップもないので、猫砂として安価で手に入る吸水性の高いトイレ用品もありません。

ここ数十年の間に、私たちは相当、ペットと暮らすことへの敷居は下がっていることが実感できました。

さて、昨今どこにでも売っている猫砂ですが、これって便利な反面、時々扱い方を間違えるとえらいことにもなるんですよね。

今回は、猫砂と、猫の排泄物を水洗トイレに流したことでトラブルを起こしてしまった人たちのお話を紹介したいと思います。

「トイレに流せる」がウリの猫砂も、節水型トイレでは…

「水洗トイレに流しても大丈夫って触れ込みの猫砂を流したら、詰まっちゃった!」なんて話、みなさんは聞いたことはありませんか?

筆者の知人が、つい先日こういう事態に見舞われ、便器から一気に猫砂ごと水が溢れるという惨事に四苦八苦していました。

こういうことって、たまに発生しているようです。

この知人は集合住宅の3階に住んでいるのですが、特に集合住宅ですと階が上がれば上がるほど、こういったことは発生しやすくなるそうで……。

その理由は節水型トイレ。もしくは下水管の経年劣化にあると考えるのがベターかもしれません。

節水型のトイレは水道代の節約に繋がるわけですが、流れる水の量が減ってしまうので、一度に大量の猫砂を流すと、対処しきれなくなってしまうわけですね。

実際このために、階下のトイレまで詰まりによる漏水が発生し、大家さんに大目玉を食らったという事例も、筆者は知っています。

特にこの節水型トイレって、最近建築された住宅には結構導入されているんですが、従来のトイレと比べると、いささか流れが弱く見える場合もあります。

実際に水の勢いはセーブされていますので、猫砂も詰まりやすくなってしまいがちなんです。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

【猫クイズ】短足・小型・巻き毛が特徴の「ラムキン」ってどんな猫種? (3.3)

  • ニュース

ぼくたちは猫を育てているのではない。猫に育てられているのだ。 (2.27)

  • ニュース

雪の降る中、お姫様抱っこで登校しました。 (2.27)

  • ニュース

タヌキは人を化かす!?ただしどうやら猫には勝てない (2.27)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る