TOP>ニュース > 撮影が難しい「黒猫」を可愛く撮るには?

  • ニュース

撮影が難しい「黒猫」を可愛く撮るには?

撮影が難しい「黒猫」を可愛く撮るには?

中国版のtwitter「微博(ウェイボー)」やテレビ番組で最近取り上げられたのが、「インスタ映えしないことを理由に捨てられる黒猫が急増している」という声。しかし、命を映えるか映えないかの次元で考えることに強い怒りを感じる猫好きさんは多く、メディアにも批判の声が高まりました。

筆者ももちろん、「インスタ映え」という観点で命を捨てる考え方は理解できませんが、もしもそれは本当に理由で悲しい思いをする猫が増えているのであれば、「黒猫はインスタ映えする」ということを伝えたいと強く思いました。そこで今回は、筆者が撮った写真を交えながら、黒猫の魅力を引き立てられる撮影テクニックをご紹介いたします。

背景を白や赤に

黒猫のシルエットを綺麗に映すには、白壁や赤い布を背景にしてみましょう。コントラストをはっきりとさせれば、被毛の黒さがより強調され、美しい写真を撮ることができます。また、赤い首輪を付けながら撮影したり、毛布などのアイテムに赤色を取り入れたりしてみるのもおすすめです。

起きているときこそシャッターチャンス!

眠っている黒猫ももちろんかわいいですが、目を閉じていると表情がうまく伝えられないこともあるので、写真を撮るときは美しい目をしっかりと映すようにしましょう。特に、おもちゃなどで遊んでいるときは黒目が大きくなっているため、より愛くるしい表情が撮れるはずです。目を強調できるので、高い位置から上目使いの姿を撮影するのも◎

また、舌をペロっと出しているときもシャッターチャンスに。ピンクの舌は黒い被毛によく映えます。毛づくろいをしているときに連写撮影すると、よい写真が撮れやすくなるでしょう。大きなお口を開けてあくびをしているときを連写撮影するのもおすすめです。

あえて逆光を活かす

黒猫を撮影するときは被毛をなるべく明るくとらえようと思い、順光で撮影してしまう方も多いと思いますが、逆光を活かすことで黒猫ならではの黒い被毛が際立つ写真が撮れます。

逆光は後ろから光が当たり、手前が影となってメリハリが出るので、シルエットがより立体的になります。そして、順光で撮ったものよりも凛とした仕上がりになるので、クールな写真が撮りたいときにおすすめなテクニックです。

黒猫は、その黒い被毛こそがチャームポイント。実際に、数多くの猫写真を撮影しておられる動物写真家の岩合光昭さんも「黒猫は黒く撮るのがよい」と、あるインタビュー記事で語ってられました。柄や毛色はその猫が持って生まれてものだからこそ、そうした特徴で区別されたり、悲しい思いをしたりする猫がいなくなるとよいですね。

文/古川諭香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

人気猫クリエイターが大集結!「ねこ休み展in浦和」 (11.12)

  • ニュース

パパンに叱られている時、あずきさんとだいずさんは?【ねこの写真で4コマ漫画】 (11.12)

  • ニュース

素朴な疑問。どうして猫は「乗りたがる」のか? (11.11)

  • ニュース

お腹丸出しでゴロンする「へそ天」の秘密 (11.11)

  • ニュース

猫と一緒に楽しくお出かけするコツ (11.11)

  • ニュース

駄菓子『うまい棒』の人気ランキング【ねこの写真で4コマ漫画】 (11.11)

  • ニュース

毎日感動【仔猫を拾ったので】 (11.10)

  • ニュース

その場所は危ない!「乗り猫問題」ときちんと向き合おう (11.10)

もっと見る

注目のグッズ

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る