TOP>ニュース > 地震、火災、津波…災害時に飼い猫はどうすればいい?

  • ニュース

地震、火災、津波…災害時に飼い猫はどうすればいい?

猫にIDをつけましょう

首輪に飼い主の電話番号が掘られたIDタグをつけましょう。そうすることで、もし猫が災害時にどこかに行ってもあなたのもとに帰ってくる確率が高くなります。しかし、首輪は取れることも考えられます。マイクロチップはけして外れることがないため、首輪と同時に装着することを推進します。

猫用の防災バッグを準備しておきましょう

自分の防災セットと同様、猫用の防災バッグを準備しておきましょう。下記、用意しておいたほうがよいモノの一覧です。

・キャリーケース:自分の猫がきちんと座れてUターンできる大きさが好ましい。キャリーケースに自分の住所、電話番号、猫の写真を貼り付けておく。

・猫の写真&病歴や予防接種の履歴:写真の裏に、年齢・性別・病歴など詳細を書いておく。

・ペット関連の連絡先:避難所はペットNGの場合があるので、ペットフレンドリーのホテルリストやペットの預かり先、かかりつけの獣医など電話番号の一覧を用意する。

・食べ物と水

・軽量なエサや水用の食器

・ハーネス

・薬

・トイレ用品(リター、スコップ、ビニール袋)

・猫が安心できるグッズ(タオルや寝床)

・ペット用消臭剤

そのほか、猫用の応急手当道具、猫を落ち着かせるトランキライザー、ブラシなど長期避難を考えたグッズもあればベターです。

いつどこで何があるかわからない今、家族同様のペットの避難方法も一度確認しておいた方がよいでしょう。

参考

Be Prepared for a Disaster: How to Evacuate with Cats

文/舟津カナ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

【猫クイズ】短足・小型・巻き毛が特徴の「ラムキン」ってどんな猫種? (3.3)

  • ニュース

ぼくたちは猫を育てているのではない。猫に育てられているのだ。 (2.27)

  • ニュース

雪の降る中、お姫様抱っこで登校しました。 (2.27)

  • ニュース

タヌキは人を化かす!?ただしどうやら猫には勝てない (2.27)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る