TOP>ニュース > 地震、火災、津波…災害時に飼い猫はどうすればいい?

  • ニュース

地震、火災、津波…災害時に飼い猫はどうすればいい?

地震、火災、津波…災害時に猫はどうすればいい?

地震、火災、津波のように予想がつかない災害はいつどこで起こるかわかりません。そんなとき、家で飼っている猫をどう対処すればよいでしょうか?

1884年に米国で設立された愛犬家団体「アメリカン・ケネル・クラブ」では、毎年アメリカでは約500,000匹のペットが火災の影響を受けていると発表しています。そのひとつ、インディアナ州で起こった火災時のことです。ジムは猫と犬を飼っていましたが、家の近くで火災が発生。夜中の1時でしたが、その火災が広がることを心配し、彼はすぐさまキャリーケースに2匹を入れ運びました。ジムは「外は混沌とした状態で動物たちは怖がっており、キャリーケース以外に彼らを運べる手段はないと思った。もし、ケースに入れて移動しなかったらどこか飛び出していったのではないかと思う」と語っています。

では、非常事態のとき、どのように猫を捕まえればよいでしょうか?

猫は危険から本能的に隠れる生き物です。ですので、非常事態のとき、捕えるのがとても困難。当然のことながら、普段から何かあれば、飼い主の指示に従い、自分でキャリーケースにいくように訓練するのが最善の方法です。しかし、危険を察知するとすぐさま隠れてしまう習慣がある猫にとって、それはとても難しいこと。

ですので、まずキャリーケースを猫に見せる前に、猫を布で覆い、その布ごとキャリーケースに入れましょう。自分でキャリーケースに入らなくとも、ケースの中が不快でないことを思わせるため、普段からケースの中でトリートを与え、快適な空間ということを認識させましょう。また、お気に入りのタオルなどをその中に一緒に入れるのも効果的です。

子供が学校で避難訓練をするように、猫にも時々避難訓練をしておくと、いざというときスムーズです。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

「猫の集会」を邪魔したら監視されるようになった知人の話 (6.18)

  • ニュース

まるで猫のミルフィーユ!敷布団に入り込む姿が予想の斜め上だった (6.18)

  • ニュース

簡単そうで難しい問題!ペットにとって最適なフードの選び方とは (6.17)

  • ニュース

飼育6年目で初繁殖に成功!神戸どうぶつ王国で双子のサーバル赤ちゃんが誕生 (6.17)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る