TOP>ニュース > ズーラシア・ネコフェス!で知る、ツシマヤマネコの魅力

  • ニュース

ズーラシア・ネコフェス!で知る、ツシマヤマネコの魅力

ズーラシア・ネコフェス!で知る、ツシマヤマネコの魅力
第二回 飼育員薄井正さんが教えてくれたツシマヤマネコの魅力


「対馬でたくさんのツシマヤマネコと出会えるようになったら良いですね」と薄井さん 

ツシマヤマネコってどんなネコ?

ズーラシアで飼育展示しているネコ科動物の中で、唯一、国内にも生息しているのがツシマヤマネコです。現在、飼育を担当している薄井正さんが、ツシマヤマネコの魅力について教えてくれました。まず、ツシマヤマネコについての基本情報からスタートです。

「ツシマヤマネコは長崎県対馬にしかいないヤマネコです。野生のネコで、国の天然記念物、環境省が指定している絶滅危惧ⅠA類でとても数が少ない動物です。ヤマネコというと、イリオモテヤマネコも有名ですね。同じベンガルヤマネコの亜種で、よく似ていますが違うところもあります。ツシマヤマネコの特徴は、耳の後ろに白い虎耳状斑(こじじょうはん)があったり、額に縦じまがあるほか、体の斑点や、太くて長い尾っぽなどが特徴です」と薄井さん。


ツシマヤマネコは対馬でトラヤマとも呼ばれている

「ツシマヤマネコが暮らしているのはもちろん対馬ですが、ヤマネコという名前の割に、森林だけでなく、田圃や畑や水辺に出てきます。対馬に住んでいる人々は、ツシマヤマネコとは呼ばずに、タネコ(田猫)と呼んでいます。田んぼによく出てくるネコなんですね。田んぼや水辺によく行き、魚も食べます。水辺に行く主な目的は排泄で、ズーラシアでも水飲みやマンホールのふたの上など水の音がする上でトイレをすることが多いんですよ」と教えてくれました。ズーラシアに行ったらぜひチェックしたいポイントですね。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

猫アレルギーの猫好きはこうやって毎日を猫と暮らしている! (5.7)

  • ニュース

「何見てんだこるぅあ~!」オラつく猫のクセがすごい(笑) (5.7)

  • ニュース

ねこねこ食パンから限定フレーバー「キジトラ」販売! (5.6)

  • ニュース

老猫が一分一秒でも長く生きていて欲しいと願う理由 (5.6)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る