TOP>ニュース > 猫のエサはドライとウェット、どっちがいいの…?

  • ニュース

猫のエサはドライとウェット、どっちがいいの…?

猫のエサはドライとウェット、どっちがいいの…?

猫のエサを買うとき、細かくパッケージの原料を確認する、かかりつけの獣医に訪ねる、ペットショップで値段を見て選ぶなど人それぞれ。もしかしたら自分の猫がどれがよいか決めているところもあるかもしれません。猫の飼い主は、ドライフードがよいのか?ウェットがよいのか?どちらが自分の猫によいのか一度は考えたことがあるのではないでしょうか?

缶詰のウエットフードは通常75%が水分、それに対してドライフードは10%。理論的に言うと、ウェットフードの方が水分補給ができ、特に泌尿器疾患がある猫には水分がとれるウエットのほうがよいとのこと。与える量は猫のウエイトによって異なるのでそれを間違えないようにすることが大事だと言います。ただし、ドライのメリットもあります。

ドライフードは、

1.ウエットフードよりもコストがかからない

2.ウエットと違い冷蔵庫に保存しなくてよいため手軽

3.ガツガツ食べやすく、カロリー摂取が簡単

逆にウエットの利点は、

1.薬を飲ませる場合薬を隠しやすい

2.水分量が多い

3.ウエットの方が匂いが強く、食欲が少ない年配の猫を惹きつけやすい

総合的に言うと、健康に問題のない猫は、ウエットだろうがドライだろうがどちらでも問題なく、どちらかがよいかは専門家でも結論が出ず、賛否両論とのこと。

Dr. Lenox氏は「猫は味を感じる味蕾が少ないのですがないわけでなく、人が10,000だとすると、犬は1,700、猫は470ある」と言います。ですので、猫は味を感じることもでき、味以外も食べ物のカタチ、テクスチャー、サイズ、匂いにも敏感。ですので、たとえウエットフードでも、パテタイプ、フレークタイプなど猫によって好みがあり、それ故に各ブランドそれぞれ食感が違うタイプを販売しています。

近年は原料に炭水化物が入っているのを避ける人も増えていますが、炭水化物はエネルギーの源になる原料です。重要なのは炭水化物、たんぱく質、脂質の割合とのこと。注意深く自分の猫をみながら、猫の好き嫌いを把握するのが大切で、それとともに、かかりつけの獣医に聞くのが一番とのこと。

我が家の猫は、1匹はウエットのパテタイプを好み、もう1匹は歯ごたえがあるドライフードが好み。同じ家に住んでいるのに異なるものを好み飼い主的には困りますが、人も好きな食べ物を食べているときは幸せな顔をしますが、猫も同じです。猫の幸せな顔を見てしまうとついつい好きなフードをあげたくなります。結論的に健康であれば、猫の好みに合わせていいのではないのでしょうか?ただし、量をきちんと管理するのは飼い主の役目になりますが・・・。

参考

Wet or Dry Cat Food? Deciding What’s Best For Your Cat

文/舟津カナ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

猫アレルギーの猫好きはこうやって毎日を猫と暮らしている! (5.7)

  • ニュース

「何見てんだこるぅあ~!」オラつく猫のクセがすごい(笑) (5.7)

  • ニュース

ねこねこ食パンから限定フレーバー「キジトラ」販売! (5.6)

  • ニュース

老猫が一分一秒でも長く生きていて欲しいと願う理由 (5.6)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る