TOP>ニュース > ペットのトイレ問題…根本的な理由とは?

  • ニュース

ペットのトイレ問題…根本的な理由とは?

ペットのトイレ問題…根本的な理由とは?

ペットのしつけって大事ですよね。

しっかりとしつけをしていないと、犬の場合は主に無駄吠えで近所に迷惑をかけることになり、猫の場合はやたら他の猫に喧嘩をふっかけ、生傷が絶えなくなります。

さらに、犬にも猫にも共通して施しておく必要のあるしつけが、トイレについて。つまり粗相をしないようなしつけですね。

トイレのしつけ自体は、決してむずかしいものではありません。

猫なら誰に指図されずとも、猫砂のある場所を見つけたら自分で立派に用を足します。

犬の場合だって、「ここがトイレだよと教え込むと、すぐにそこで用を足してくれるようになります。手の掛からない個体が多いわけですね。

しかし、ときにはそのペットたちが粗相をしてしまうこともあるものです。

こういうとき、飼い主によってはまず怒ってしまうケースもあるようですが、それはオススメできません。普段しない粗相をやらかすというのは、ペットにとっても様々な原因があってのこと。したくてする粗相なんて滅多にありません。

それなのに、その異常行動を飼い主に責められたらたまったもんじゃないですよね。

今回は、普段しない粗相をしてしまう理由について、現実的によく見られるものを紹介していきたいと思います。

さまざまなストレスが粗相の要因になっている!

動物にはそれぞれ個性があり、性格があり、主張があります。

彼らは人間と違って、絶対に嘘をつきませんが、それ以外は人間となんら変わらない感情を有しています。感情があるということは、時として嫌な気分になったり、ストレスを溜めることもあるということですね。

飼い主がかまってくれない。同居している別のペットが気に食わない。喧嘩で負けが込んでいる。こういったことが積み重なると、ペットもストレスを溜めてしまうものです。

たとえば猫の場合、「嫌いな別の猫が用を足したトイレでするぐらいなら我慢してやる!」と極限まで我慢したあと、粗相をしてしまう個体もいます。

また、そもそもトイレが汚かったり、トイレの場所が気に食わないというだけでストレスを抱え、利用を拒み、粗相をする場合もありますね。

犬だって猫ほどではないものの気難しい側面はあります。

飼い主が以前トイレの近くで犬を叱った場合、「この辺りで用を足したら怒られたし、別のとこでしたらぁ!」とトイレ以外の場所で粗相をしたり。

あるいは構ってほしいがために、わざと粗相をする場合もあります。そしてまた犬も猫と同じく、汚いトイレで用を足すことにストレスを感じることもあります。

こういったストレスは、飼い主の努力次第で削減できるものです。

いたずらに叱っては、飼い主の責任の放棄にしかならないものですので、まずは粗相をされた原因について、じっくりと考えてみて、それから対策を講じてみることが大事ですね!

粗相ぐらいで怒っちゃペットが可哀想です。

老化が進み、粗相をすることはある程度避けられない…

生き物はいずれ老いてしまう宿命から逃れることはできません。

目の中に入れても痛くないペットたちもまた、同じこと。

彼らは人間よりもサイクルの早い時間を生きているわけですが、それだけに日に日に体の具合が悪くなったり、足腰が不自由になるということも珍しくありません。

加齢によって粗相をしてしまうということは、決しておかしなことではないんですよね。

今はペット用のおむつなどもありますので、そういったものも使いつつ、粗相を当たり前に受け入れる姿勢も大事になってきます。

また高齢猫の場合はトイレに入るまでに段差があると、それを乗り越えるのも一苦労です。バリアフリーよろしく、段差のない、出入りが簡単なトイレを用意してあげるのも飼い主に必要な優しさでしょう。

おわりに

ぶっちゃけ、粗相ってペットだけに限った失敗ではありません。筆者なんてこないだしこたま飲んでから寝ているとき、トイレで用を足している夢を見てしまい、途中「あ、これヤベえやつじゃん!」と思って慌てて飛び起き、ギリッギリで粗相をせずに済みました。

粗相なんて明日は我が身。

誰にでも起き得ることなので、叱るようなことはせず、その原因を解消するために努力していきたいところですね!

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

猫と自転車をコンセプトにしたデザイナーズ賃貸「feel CnB」 (4.15)

  • ニュース

ネットで注文した猫のおもちゃが小さすぎた件 (4.14)

  • ニュース

見事にピーン!ちょっとおかしな行動をするペット15選 (4.14)

  • ニュース

アナフィラキシーショックに注意!愛猫のワクチン接種時に気をつけたい副作用 (4.14)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る