TOP>ニュース > 犬猫の譲渡会に参加した時、絶対に聞くべきこと。

  • ニュース

犬猫の譲渡会に参加した時、絶対に聞くべきこと。

ある譲渡会では、活動を行っている愛護団体の会員になった人が無料で譲渡を受けるという仕組みになっています。年会費は1000円で、入会時期や退会時期は問われません。団体は会費によって安定的に組織が維持され、フードや適切な治療が受けられます。猫を譲り受けた最初の一年間だけ会員になることもできるし、継続するかどうかは個人の自由です。避妊・去勢に関する費用も指定された病院で値段が決まっているので、安心して譲渡できる仕組みになっています。

相談の例のように、最初は全く無料だと思っていたのに、医療費や交通費など、思いもよらない費用を請求されたら、飼い主さんはとまどいます。納得できないけれど、引き取った犬や猫は可愛いし、もう家族の一員ですから、いまさら返すわけにはいきません。足元を見てふっかけられたと感じかもしれません。


成長した子の方が性格がわかって飼育しやすいと言う人もいます 

トラブルを未然に防ぐためにも、譲渡に関する費用は最初に必ず確認してください。そして、これ以上、保護団体へ費用を支払うことはないという約束をその場でしてください。言った言わないの問題になるので、できればスマホの録音機能を使います。

譲渡会を通じてペットを飼育するのは、命を大切にできる上、社会貢献にもなって、本当に素晴らしいことです。ただし、費用の面でトラブルが起きないよう、最初に必ず「料金について」相談すること。お金の問題を聞くのは恥ずかしいかもしれませんが、最初が肝心です。トラブルなく、多くの命が譲渡会を通じて救われるよう、願っています。

文/東京都動物愛護推進委員

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

【猫クイズ】短足・小型・巻き毛が特徴の「ラムキン」ってどんな猫種? (3.3)

  • ニュース

ぼくたちは猫を育てているのではない。猫に育てられているのだ。 (2.27)

  • ニュース

雪の降る中、お姫様抱っこで登校しました。 (2.27)

  • ニュース

タヌキは人を化かす!?ただしどうやら猫には勝てない (2.27)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る