TOP>ニュース > メキシコのワイナリーで出会った犬猫セールスマン

  • ニュース

メキシコのワイナリーで出会った犬猫セールスマン

メキシコのワイナリーで出会った犬猫セールスマン

アメリカの人気旅行雑誌「Travel + Leisure」の「The World’s Top 15 city 2017」で見事ベスト1に輝いた、メキシコの街「サンミゲルデアジェンデ」。日本ではあまりなじみのない街名ですが、カラフルな街並みと教会群は見る人を惹きつけ、多くの観光客で賑わう街です。

その街の郊外には、良質なワインを作る醸造所がいくつかあり、そのひとつ「Dos Buhos」は、醸造見学と試飲が可能。さらにかわいいセールスマン付きです。

3ヘクタールのワイナリーには、テンプラニーリョ、カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フラン、アリアニコ、ソーヴィニヨン・ブランなど種類が違う10種類のブドウを栽培。すべて有機栽培で、手間暇かけ丁寧に作られています。

テイスティングツアーは、スペイン語だけでなく希望で英語も可能。ブドウ畑でブドウの種類や土の説明を聞いていると、1匹の猫がいつもここを散歩しているようで「本日のお客さん?」っという感じであいさつ代わりにスリスリ。この猫はワイナリーで飼っている猫ではなく、敷地内にある建物の家の猫とのこと。人懐っこく一緒にブドウ畑を探索。

その後、醸造所へ向かうと、2匹の犬がむじゃきにお出迎え。

醸造所で話を聞き、その後試飲をするときにはワイナリーの猫があいさつ(邪魔?)しに・・・。

スタッフの人いわく「彼はボスよ」とのこと。ワインについて真剣に学ぼうとしているのに、テーブルの上にごろっと寝て試飲の手伝い(邪魔)をしたり、ときにはワイングラスをクンクンしたり。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

まるで猫のミルフィーユ!敷布団に入り込む姿が予想の斜め上だった (6.18)

  • ニュース

簡単そうで難しい問題!ペットにとって最適なフードの選び方とは (6.17)

  • ニュース

飼育6年目で初繁殖に成功!神戸どうぶつ王国で双子のサーバル赤ちゃんが誕生 (6.17)

  • ニュース

素朴な疑問。猫の女の子にも冷え性が多いのか? (6.15)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る