TOP>ニュース > 「ペット不可物件」でペットの飼育がバレたらどうなる?

  • ニュース

「ペット不可物件」でペットの飼育がバレたらどうなる?

「ペット禁止物件」でこっそり犬猫飼育することで起きるトラブル

社会にはいくつものルールが存在し、それをみんなが守ることで秩序が保たれています。

ペットの飼い主たちにしても、このルールが守れる人が大半です。犬の散歩の際にはフンを回収すること。近隣に迷惑のかかるような飼育はしないこと。そして何より、ペットの飼育が許可された賃貸や、持ち家で飼育をすること。

こういったルールの範囲内で、ペットを可愛がっています。

ところがしばしば、団地やアパートで「こっそりと……」どころか、堂々と犬や猫を飼っている人ってのがいますよね。

こういう人たちは、近所からクレームが来なければ「許された」と思って居直る姿勢を見せることが多いようです。ペットと暮らしたいなら相応の環境を整えるべきですし、ペット可物件に引っ越せばいいだけの話なのに、それもしません。

こういった飼い主が果たしてペットに適正な飼育をしているかも甚だ疑問です。

今回は、何故ペットの飼育が許可されない物件でペットを飼育してはならないのか。

この当たり前のことについて、ちょっと掘り下げてみたいと思います。

ペット禁止物件でペットを飼育すると、様々な問題の元となる…

ペットの飼育が可能な物件とそうでない物件では、大抵前者の方が家賃が高めに設定されています。

ペットと暮らす人というのは、その高めの家賃に納得をして入居し、そうして犬や猫と暮らす権利を手にしていると考えてもいいでしょう。

これがペット不可のアパートやマンションなどの物件に動物を持ち込んで暮らしてしまう人になると、どうなるか。

本来ペットとの暮らしに適していない環境に、無理矢理動物を押し込めてしまうことになりますよね。ある種の虐待とも捉えられる杜撰な管理のように思えるところです。

また、猫の場合は壁で爪とぎをすることも多く、そのせいで壁紙をボロボロにしてしまいます。犬の場合は駆け回ることでフローリングを傷つけますし、吠え声によってペット不可物件に住む他の人々にも迷惑をかけてしまうことになるでしょう。

それに、ペット不可物件に暮らす人の中には、動物嫌いもいるかもしれませんし、動物アレルギーに苦しんでいる人もいるでしょう。

そういった人たちにすれば、自分の入居している住宅に別の住人が動物を持ち込むという行為は、「勘弁してよ〜」と思うほかありません。

管理会社にタレコミが入って問題になるのは時間の問題でしょう。

ペット不可物件でペットの飼育がバレたら、こうなる…

元々物件を借りて入居する場合には、不動産会社と契約書を取り交わしますが、たとえばペット禁止物件の場合はその旨もしっかりと記載されています。

その上でサインをして入居するわけですから、無断でペットを持ち込むという行為は明確な約束の反故ですよね。

もし仮にペットをこっそりと飼育していることがバレると、そのペナルティって具体的にどういったものになるのでしょう。

ペットが暮らしていた痕跡というものは、素人目にも明らかなものばかりです。

ですのでこういう場合、退去を求められることは可能性として大きいものですし、その際には“原状回復”の名目で工事費用を請求される場合があります。

部屋の状態によってその額は変動するのですが、決して安くは済まないとだけ認識しておく方が無難です。

たとえば以前、筆者の知人がこっそりとペット禁止物件で猫を飼育していた際には、近隣のタレコミで管理会社がアポなしで乗り込んできたというようなことがあったそうです。

このとき、猫のせいで特に壁紙がボロボロになっていたとのことで、知人は原状回復費用として8万円程度の支払いを要求されました。

が、これはあくまでもかなり安く済んだケースと考えておくべきことのようで、普通はもっと多額の請求がされるようです。

当然、規約違反の入居者は退去を要求されることになります。

件の知人は慌ててペット可物件に引越し、そこでようやく周囲の監視を気にせずに猫とのびのび暮らすようになったのでした(最初からそうしてれば良かったのに)。

ペットを飼育していたことがバレた場合、多くのペット禁止物件では退去を要求されます。

そりゃあそうですよね、ルールに反する入居者は、他の入居者の迷惑になりますし、当然のことです。

おわりに

まあでも、こっそりと飼う分には、それが可能であれば(不可能だけど…)まだマシな部類なのかもしれません。というのも、しばしば世間には、ペット飼育不可物件で堂々と犬や猫を飼育している人というのがいるじゃないですか。

以前、筆者の地元にある団地で犬を堂々と飼っていた人がいました。この人物、再三市役所から退去を要求されていたにも関わらず聞く耳を持たないままでした。

犬の状態も酷く、体の毛はボサボサでノミだらけ。何とも可哀想な有様でした。「ワクチン接種すらお金が惜しい」と公言していたこの飼い主のせいで、犬は結局数年で死んでしまいました。

これは私見なのですが、個人的にはお金がない人は正常な飼育ができない例が多いのだから、背伸びをしてペットを飼うべきではないと思います。

お金って、やっぱり動物の飼育の質に直結します。

何かにつけお金を出すのが惜しいと考える人が無理に飼っても、ペットにとっては苦痛も多く、周囲も気の毒で見てられなくなります。

ペットと暮らしたいなら、まずはペットと暮らせる物件に楽々入居できるぐらいの収入を得ることが大事ではないでしょうか。

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

夏の猫は早起きすぎる…!?困った「猫目覚まし」の理由と対策まとめ (7.24)

ベッドで寝ている三毛猫
  • ニュース

愛猫、突然の局所脱毛。原因は1か月続いた水道工事か? (7.23)

  • ニュース

換毛期でも困らない!愛猫の「抜け毛問題」はどう解決する? (7.22)

  • ニュース

ペットに優しいのはどっち?「ペット可物件」と「ペット共生物件」の違いとは【猫クイズ】 (7.21)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る