TOP>ニュース > 犬の時代と猫の時代を検証する『ヒトラーはなぜ猫が嫌いだったのか』

  • ニュース

犬の時代と猫の時代を検証する『ヒトラーはなぜ猫が嫌いだったのか』

犬の時代と猫の時代を検証する『ヒトラーはなぜ猫が嫌いだったのか』【ブックナビ】

日本人の多くが「猫の向こう側」に「自由」や「放任」、そして「個人主義」を見出しているのは、それが「私たちが向かうべき場所だ」と強く意識しているからに他ならない。しかし、一足飛びに到達できる場所ではないからこそ、ますます私達は「猫」という媒体を通じて、「猫の向こう側」に広がる「自由」の空間を体で感じたくなるのである。

「『猫性の社会』への回帰」より一部抜粋

古今東西の権力者の中には犬好きなエピソードがたくさん。ヒトラー最後の日々、地下壕で寄りそっていたのはブレンディというジャーマンシェパードでした。


画像:DIGITAL COLLECTIONS

ナポレオンも犬好きで知られ、妻のジョセフィーヌはナポレオンとの通信手段にパグを使っていたそうです。中国・清朝の女帝、西太后が長い爪でペキニーズを抱く写真は有名ですし、イギリス・ビクトリア女王はコリーやポメラニアンを宮廷で多頭飼育して、上流階級の間に空前の犬ブームを引き起こしました。


プーチン大統領も秋田犬好きで知られています

猫好きな権力者もいて、チャーチルの臨終を見守ったのは猫のジャックでした。日本では一条天皇が有名で、猫に官位を与えて、他の貴族の不評をかってしまいます。宮中で飼われていた犬が官位をもつ猫にかみついたので、怒って犬を打ちのめした事件は、あっという間に広がりました。とはいえ、猫好き権力者の溺愛ぶりを伝えるエピソードは犬より少ないのが現状です。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

遠隔でミーの様子を確認できるハイテク機器を手に入れた (12.7)

  • ニュース

新感覚猫マンガ『猫のしもべにされまして』コミックス1巻発売&第1話全ページ無料公開 (12.6)

  • ニュース

【猫クイズ】慣れさせ方も解説!猫が嫌がりにくい首輪ってどんなの? (12.5)

  • ニュース

交通事故に遭って保護された黒猫が、今は幸せに暮らしている話。 (12.5)

黒猫ラッキーくんと同居猫たち13
もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る