TOP>ニュース > 顔認証システムで猫の顔を自動的に識別するトイレ『トレッタ』

  • ニュース

顔認証システムで猫の顔を自動的に識別するトイレ『トレッタ』

――それでも、月額500円という使用料金は安いですよね。

村木さん「『ハチたま』は、猫好きのメンバーが集まりり、『猫が幸せになれば、人はもっと幸せになれる』を経営理念として作った会社。より多くの猫にトレッタを使ってもらい、1頭でも多くの猫に健康で長生きしてもらいたいので、導入しやすい価格を実現しました。一般的にこのようなペット用IoTデバイスはハードウェア本体の売り切りモデルで販売されますが、トレッタは毎月のサービス使用料だけをいただくシステム。つまり、“モノの所有”から“コトの使用”へと転換する新しいビジネスモデルでもあるんですよ」

顔認証システムで、使っている猫を自動的に識別する!

――“IoTデバイス”と聞くと「使うのがむずかしそう」と思ってしまうのですが、トイレが届いたら、どうすればいいんですか?

村木さん「トイレに同梱されているカメラと測定用のセンサーをセットするだけです。使い始めに猫の顔を撮影し、アプリに登録しておきます。トレッタには『ねこ顔認識カメラ(特許出願中)』がついていて、トイレを使用している猫を自動的に識別します。測定したデータは、スマートフォンアプリで、猫ごとにチェックできます。頭数制限はありませんので、何匹かが共同でトイレを使っているお宅でも問題ありません。使用料はトイレの台数でカウントしますので、複数の猫が使用しても、1台なら500円です」

――カメラを使わなくても、首輪などで個体識別できるのでは?

村木さん「確かにそのほうが簡単なのですが、首輪やタグが苦手な猫もいることや、毎日ずっと首輪やタグをつけ続ける事は猫への負担が大きいと考え、何も身につける事のない個体識別方法を採用しています」

体重と排尿回数・排尿量・滞在時間を24時間チェック!

――トレッタでどんなことがわかるのですか?

村木さん「猫がトレッタを使うと、体重と排尿回数・排尿量・滞在時間を測定し、アプリを通じて飼い主にお知らせします。24時間365日、猫ごとに記録するので、病気の進行にいち早く気がつき、獣医さんに診てもらえます。多尿の定義は、教科書的には1日の尿量は体重1kgあたり10〜30mLが正常、50mL以上であると異常などと言われていますが、実際はよく水を飲む子はおしっこが多いなど、個体差があります。常に、トレッタを使って愛猫の正常状態を知っておくことも日頃のヘルスチェックとして大切になってきます」

――確かにふだんからデータをとって無いと、調子が悪くなった時、排泄が原因かどうかわからないですものね。かといって、ずっと見ているわけにもいかないし、すごく助かります! 初回生産分は残りわずかということですが、次回の販売開始はいつですか?

村木さん「申し訳ないのですが、次回以降の生産は未定です。決定しだい、HPでお知らせしますので、興味のある方はチェックしていただけるとありがたいです!」

これまでは、動物病院で尿のことを聞かれても、なんとなくの感覚でしか答えられませんでした。こうした計測サービスが、誰でもできる格安の料金で提供されたら、泌尿器疾患の早期発見率が飛躍的に高まりそう。次回の発売では、もっと多くの人に届くことを願っています。

取材協力/株式会社ハチたま

取材・文/桑原恵美子

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

どんな意味なの?飼い猫がお尻を向けてくる心理とは【猫クイズ】 (7.26)

  • ニュース

猫の爪研ぎを置くベストポジションはどこ? (7.26)

  • ニュース

ぬくぬくの猫を貸してくれるお店「ねこまん屋」の主人になりたい (7.26)

  • ニュース

フォトグラファーが伝授!猫を超かわいく写真におさめる方法 (7.25)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る