TOP>ニュース > 譲渡会でうちの子に出会う幸せ。東京都動物愛護推進委員に聞く成功のポイントとは?

  • ニュース

譲渡会でうちの子に出会う幸せ。東京都動物愛護推進委員に聞く成功のポイントとは?

譲渡会でうちの子に出会う幸せ。
東京都動物愛護推進委員に聞く成功のポイントとは?


定期的に行われる譲渡会があれば、ぜひ参加してみて

ペットと暮らしたいと考えた時、ショップやブリーダーから購入する以外に、地方自治体や動物愛護団体、ボランティア団体などが主催して行なっている譲渡会に参加してペットを引き取るという選択があります。保健所などで殺処分されてしまう犬や猫を救うことにもつながり、社会貢献にもなる上、飼い主とペットが上手にマッチングができるなど、保護動物ならではの良い点もたくさんあります。もし、犬や猫を飼育したいと考えていたらぜひ、保護動物を飼育するという選択肢を加えてみてはいかがでしょうか。

とはいえ、最近、保護団体から引き取ったペットに関するトラブルが目立ってきました。無料で譲渡と言っていたのに、飼育管理費などよくわからない名目で高額な費用を請求されるケース。あるいは、高額な医療費が必要なペットであることを知らされずに譲渡され、引き取った後で、高い医療費に苦しむ飼い主さんもいます。せっかくペットを引き取ったのに不幸な結果にならないよう、今回は、保護動物を譲渡する際、ぜひ知っておきたいポイントについて紹介しましょう。


団体によっては一時預かりやミルク飲みベビーシッターのボランティアも募集しています

ポイントその1動物ではなく人と組織を見る

全国の自治体や愛護団体では定期的に譲渡会を開催しています。また、NPOや数人のボランティアが集まって譲渡活動をする例もあり、主催団体の規模はさまざま。大きい団体だから信頼できるというわけではなく、規模が小さくても素晴らしい活動をされている団体は全国にたくさんあります。

譲渡を通じて飼い主さんになりたいと考えた時、これら主催団体のポリシーや、参加している人に共感できるかどうかが重要なポイントとなります。本当に犬や猫を救いたいと考えている団体なのかどうか、まずは主催者ときちんと話をしてみることが大切です。なぜ、こうした活動をしているのか、今、何人ぐらいで何頭のペットをどのような形で飼育しているのか、話をしているとピンとくることがあるでしょう。

例えば活動している人数と、保護している動物の飼育頭数が見合っていなかったら、劣悪な環境で保護しているのではないかと想像できるかもしれません。譲渡してくれる犬や猫を見るのではなく、主催者をきちんと見て、話をして、信頼できるかどうかの判断することが、譲渡を成功させる重要なカギとなります。

ポイントその2 費用について最初に詳しく聞く

譲渡会でのトラブルに関する相談で最も多いのは金銭トラブルです。費用については、あらかじめきちんと話し合いをしておきましょう。スマホの録音機能を使って、証拠をとっておくのも良いでしょう。「言った・言わない」でトラブルになるのを防ぐことができます。また、譲渡後、主催団体に支払う支出があるかどうかも、あらかじめチェックしておきましょう。

こうした譲渡活動を通じて引き取った犬や猫は、偶然の出会いが積み重なったものだけに、一緒に暮らした時の喜びは大きいもの。安楽死からペットを救うことができて、飼い主さんにとっては命の喜びを感じさせてくれる存在となるはず。購入したペットにはない、命の尊さ、出会いのすばらしさを実感できるでしょう。ぜひ多くの方に、譲渡会に参加してみて欲しいと願っています。

文/東京都動物愛護推進委員木村(柿川)

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

今日も肩に乗って登校しました【ランドセル猫】 (1.25)

【ランドセル猫】113-3
  • ニュース

【猫クイズ】意外と知らない猫の舌にまつわる秘密 (1.25)

  • ニュース

恐怖!夜になるとやってくる野良猫と一緒に寝たらノミの餌食に (1.21)

  • ニュース

キジトラ猫の宅配便?いろんなおもちゃをくわえて持ってくる猫ちゃん (1.21)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る