TOP>ニュース > 家がNY仕様に?インテリアにもなる猫ハウス

  • ニュース

家がNY仕様に?インテリアにもなる猫ハウス

家がNY仕様に…?インテリアにもなる猫ハウス

我が家の猫は、かっこいい籠やフェルトの家より、アマゾンの商品パッケージの中が好き。たとえお尻が飛び出るぐらい小さかろうと、配達員がいろいろな場所にぶつけ汚れてボコボコになっていようと段ボールの箱が大好きだ。

そんな段ボール好きな猫は多いかと思うが、その段ボール素材をスタイリッシュにした猫ハウスを発見!

尺を考えなければ、見た目は人間が住む家のよう。しかも、おしゃれな人が愛するアメリカの「ブルックリン」を模しているとなるとかわいくないわけがない!

ディテールにもこだわっている。

私自身、何度かブルックリンに足を運んだことがあるが、地下鉄のG線やレンガ作りの建物に描かれたウォルアート、ツタなど完成度は高く、これひとつでちゃんとニューヨーク感を感じられる。

このブルックリンハウスのほかにも、アメリカらしい移動式アイスクリーム車型の猫ハウスもある。これは、もともと子供用に作られた段ボールハウスだったが、猫用に小さめのモノも販売。

ただし、よ~く見るとアイスクリームのフレーバーが子供用は「チョコレート」「ピスタチオ」「ストロベリー」となっているが、猫用は「サバ」「メカジキ」など猫が好きなフレーバーになっていて、遊び心たっぷり。また、窓部分があいているため、猫がまるでアイスクリームトラックを運転しているかのようで、インスタ映え間違いなし!

大きさは約43センチx38センチx25センチ。多少肥満気味の我が家の猫でも問題なさそうだ。猫用と書いているが、小型犬でも利用可能とのこと。

これらの商品は、ブルックリン在住のスウェーデン出身のデザイナーSwanberg氏が創立した「Famous OTO」が制作。Swanberg氏はイラストやアニメーションを学び、低価格で豊富にある段ボールのポテンシャルに魅力を感じ、商品を制作したとのこと。

猫用の「ブルックリンハウス」と「アイスクリームトラック」の段ボールは33%がリサイクル商品。売り上げの一部を地球環境保護に寄付している。

今使っているアマゾンマークの我が家の猫ハウスは、2匹の重みによりグラっと傾き気味。素材にこだわる太郎君と権平君も、これだと安心して寝てくれるかな。

OTO Brooklyn House for Cats [Famous OTO]

https://famousoto.com/collections/for-cats

文/舟津カナ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

【猫クイズ】慣れさせ方も解説!猫が嫌がりにくい首輪ってどんなの? (12.5)

  • ニュース

交通事故に遭って保護された黒猫が、今は幸せに暮らしている話。 (12.5)

黒猫ラッキーくんと同居猫たち13
  • ニュース

撫でると噛む?猫がひそかに怒っている14のサイン (12.4)

  • ニュース

小学生のころ、猫の標本を見て知った“大切に扱わなければ”という思い (12.3)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る