TOP>ニュース > 「猫をかぶる」「猫に小判」…猫にまつわる慣用句は犬よりも多かった!

  • ニュース

「猫をかぶる」「猫に小判」…猫にまつわる慣用句は犬よりも多かった!

「猫をかぶる」「猫に小判」…猫にまつわる慣用句は犬よりも多かった!【ねこのはてな】

動物が登場する慣用句ってたくさんありますよね。「犬も歩けば棒に当たる」とか「豚に真珠」など、あらゆる動物が登場します。そのなかでも特に慣用句が多いのが猫だってご存知でしょうか。実は、猫にまつわる慣用句は、「猫をかぶる」「猫に小判」など、100以上もあると言われているのです。

猫の慣用句は犬より多い

猫の慣用句は犬より多いのですが、それは昔から人間と室内で触れ合う機会が多かったからと考えられています。いまでこそ犬も室内飼いしている人が多いのですが、つい先ごろまで、犬は外で飼っている人が多かったのです。また、有名な作家や文化人にも猫ファンが多いのですが、猫の気まぐれな行動が人を惹きつけるのでしょう。そして、昔から人の身近にいた猫は、その仕草や特徴を上手に捉えて多くの慣用句に登場するようになったのです。たとえば、「猫舌」という言葉。これは、猫が自分の体温より熱いものは食べないことを人々が知っていたので、親しみを込めて、熱いものを食べられないことを「猫舌」と呼んだのでしょう。

猫にまつわる慣用句いろいろ

猫に関連した慣用句には、猫の体に関するものと習性に関するものなど。

たとえば、体に関するものには、

「猫足」「猫っ毛」「猫背」「猫の額」「猫の目のよう」といったものがあります。

習性に関するものは、

「借りてきた猫」「猫をかぶる」のほか、「猫にまたたび」「猫またぎ」「ねずみをとる猫は爪を隠す」などがあるのですが、「猫またぎ」は猫がまたいで通るほどまずい魚のことをいい、「猫にまたたび」は大好物のことを表現しています。同じ猫が登場しても、まずい食べ物を表現する言葉と好物を表す言葉があるのですね。ちなみに、「猫にまたたび」は、「効果がある」という意味で使われることもあります。

その他、「猫かわいがり」「猫の手も借りたい」「猫も杓子(しゃくし)」もなど、私達は知らない間に猫に関する慣用句をたくさん使っているのです。

日本国内だけでなく、海外でも猫にまつわる慣用句はたくさんあります。

「Run around like a scaided cat」(やけどをした猫のように走る)という意味で、“やみくもに突進する”ことを表しているそうです。「Enough to make a cat laugh」(猫を笑わせるのに十分)は、“とてもおもしろい”という意味で、あまり表情を変えない猫にぴったりの慣用句。言葉は違っても、猫の特徴をよく捉えています。

猫ブームが到来している日本でも、新しい猫の慣用句が生まれるかもしれないですね!

文/わたなべあや

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

「猫飼い主にプライベートはない」ことがわかる証拠写真 (4.11)

  • ニュース

猫が「あいつは地雷男だ」って教えてくれた。 (4.11)

  • ニュース

最後まで自分を信じることが成功への近道かも【心理テスト】 (4.11)

  • ニュース

これで笑わない人いるの?猫の決定的瞬間15連発!! (4.10)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る