TOP>ニュース > おっぱい争奪戦? 猫の「ウールサッキング」

  • ニュース

おっぱい争奪戦? 猫の「ウールサッキング」

 おっぱい争奪戦? 猫の「ウールサッキング」【ねこのはてな】

猫の可愛いところって顔や肉球などいっぱいありますが、猫の仕草もとびっきり可愛いですよね。ゴロゴロスリスリしてみたり、思いっきり背筋を伸ばしてみたり。そんな猫の仕草のひとつ、「ウールサッキング」をご存知でしょうか。

ウールが一番のお気に入り

猫の場合、子猫はもちろん大人の猫でも赤ちゃんのように甘えん坊気分になることがあります。その時、毛布などの柔らかく、ふんわりした感触の生地を、前脚を使って、まるでパン生地でもこねるようにもみもみしてみたり、ミルクを飲む時のようにおっぱいをもんだり、吸うような仕草をしてみたりするのです。なんとも可愛いこの仕草、布ならなんでもいいのではなく、特にウールを好むので、別名「ウールサッキング」とも呼ばれています。

ウールは、柔らかいだけでなく、温もりも感じられるので、母猫を思い出す甘えん坊気分の時にぴったりの布なのです。なかには、チュウチュウ吸いすぎて、布に穴を開けてしまうような甘えん坊さんもいるのだそうですが、猫って意外と甘えん坊なのかもしれないですね。そうかと思ったら、勝手気ままなところに人は翻弄されるのでしょうけど。

 おっぱい争奪戦

では、なぜ猫は、甘えん坊気分になると、柔らかい布をもみもみするのでしょうか。時には、人間のお腹の上ですることもあるのです。実は、この仕草は、まだ母乳を吸っていた頃の猫の記憶に関係しています。母猫の乳房の数には限りがあるので、子猫たちは生存競争に勝つために、ミルクを飲むための乳房を確保しなければなりません。

ふらふらせずに安定した体制でおっぱいを吸うために、子猫は前脚の指をパッと広げておっぱいをつかみます。むにゅっとつかんだら、今度は手のひらをぱっと広げて、またつかむ。つまり、前脚を使っておっぱいをもめばミルクが出てくることを、猫たちは本能的に知っています。人間の赤ちゃんも含め、生きて行く術がDNAに刷り込まれているのですね。

猫が母猫に守られていた時を思い起こして、ミルクを飲むような仕草。とても可愛いのですが、注意してあげたいことがひとつ。柔らかい布を吸っていて、その切れ端や糸の塊を飲んでしまうと、猫は消化できません。小さな体に大きな塊が残ってしまうと繊維がお腹に詰まってしまう可能性があり、大変です。猫がチュウチュウで吸ったり、食べてしまっても安全な、害のないおもちゃを用意してあげましょう。

文/わたなべあや

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

遠隔でミーの様子を確認できるハイテク機器を手に入れた (12.7)

  • ニュース

新感覚猫マンガ『猫のしもべにされまして』コミックス1巻発売&第1話全ページ無料公開 (12.6)

  • ニュース

【猫クイズ】慣れさせ方も解説!猫が嫌がりにくい首輪ってどんなの? (12.5)

  • ニュース

交通事故に遭って保護された黒猫が、今は幸せに暮らしている話。 (12.5)

黒猫ラッキーくんと同居猫たち13
もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る