TOP>ニュース > 新幹線でペットと一緒に移動…飼い主に求められるマナーとは?

  • ニュース

新幹線でペットと一緒に移動…飼い主に求められるマナーとは?

■ペットは交通機関に同伴できる!ただし何かトラブルが起きたら飼い主は他のお客さんに配慮すべきでは…

さて、前項のトラブルでは、結局老夫婦が目的地に到着するまでずぅっと口論が続いてしまったのですが、ともあれ飼い主の方も強情が過ぎるように感じてしまいました。個人的には新幹線で指定席を予約していても、ペットが騒いだら一旦デッキに出る方が周囲にとっての配慮の姿勢を見せることになり、印象も良くなります。

加えて、鳴き声も小さく聞こえる程度になるわけですから、自分のペットに対する他の乗客の苛立ちを強めることを防げます。

また、鳴き声以外にも今回のようなケースではトラブルの種って、残念ながらあるんですよね。

それが犬や猫のアレルギーです。

こういったアレルギーに悩まされる人って、場合によっては近くに動物がいるだけでも目の痒みや呼吸のしにくさをおぼえます。こうした疾患を抱える乗客が、もしも「私アレルギーがありまして」と言ってきたら、そのときは面倒でもペットを連れてデッキに出ることも、筆者としては必要な配慮と考えています。

■おわりに

ペットを連れて公共の乗り物を利用する権利はしっかりと保障されているところですが、それも他のお客さんに迷惑をかけないことが前提です。「権利があるから」や「手回り品の料金は支払ったのに」という態度を思いっきり周囲にアピールするのは、飼い主の姿勢としてはちょっと横暴ですよね。

何かトラブルの種が生じたら、意固地にはならずに平謝りして対処するほうが、飼い主マナーのイメージの向上につながるように感じられます。

飼い主の姿勢は、公共交通機関の中であっても一定の水準を求められているという風潮があることはたしかですから、そのイメージを汚さない努力は怠らないようにしたいところですね。

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

【猫クイズ】短足・小型・巻き毛が特徴の「ラムキン」ってどんな猫種? (3.3)

  • ニュース

ぼくたちは猫を育てているのではない。猫に育てられているのだ。 (2.27)

  • ニュース

雪の降る中、お姫様抱っこで登校しました。 (2.27)

  • ニュース

タヌキは人を化かす!?ただしどうやら猫には勝てない (2.27)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る