TOP>ニュース > 「猫の集会」を邪魔したら監視されるようになった知人の話

  • ニュース

「猫の集会」を邪魔したら監視されるようになった知人の話

身近でミステリアスな動物。猫にまつわる奇妙なお話!

長年、私たち人間にとってはかけがえのない相棒としての座に君臨し続けている動物、猫。

彼らは非常に愛くるしい存在ですが、一方でどこかしらミステリアスな雰囲気も備わっている動物でもあります。

古くから猫と言えば、「長く生きると尻尾が二股になって化け猫になる」とか、「オスはある時期になると失踪し、山で修行してから戻ってくる」などの不思議な話が伝わっています。

このような奇妙な話は、同じく人間の相棒として人気の犬の場合は、そう多くはありません。猫にまつわるおかしな話というものは、世界中でこれまでに、数え切れないほど語り継がれています。

今回は季節柄、ちょっとした怪談を披露しても良い頃合いかと思いましたもので、筆者が特に気に入っている、猫の不思議な話について、いくつかご紹介したいと思います。

■年老いた飼い猫が猫又になる

筆者の生まれは九州の、平家落人伝説の残る小さな集落でした。

村にはほとんど若者はおらず、車もそう多くなかったため、飼い猫が自由に闊歩していた地域だったのですが、その村に1頭の三毛猫がおりました。

なにぶん30年も前のことですので、名前はちょっと忘れてしまったのですが、特徴的なのがその尻尾。

見事に根元から2つに分かれており、村の老人たちからは猫又と呼ばれていたのを覚えています。

猫又とは昔から伝わる化け物の一種ですよね。何年か生きた飼い猫が、いつの間にか尻尾を増やしていき、こうなると人を惑わせたり、飼い主すら殺すこともあるなんて言われています。

筆者が見た三毛猫の猫又もまた、当時かなりの高齢でした。

程なくして筆者はその村を離れることになったのですが、最近になって親戚から電話がかかってきました。

「猫又がこないだから姿を見せなくて心配だ」

なんでも、件の猫又。最近まで村をうろついていたようです。

■なぜ黒猫は不吉の象徴と呼ばれるようになったのか。

昨年のハロウィンの時期に、筆者の親族が車の往来の激しい道路に立ち入って右往左往している黒猫を保護しました。

その後縁あってうちで飼うようになったのですが、黒猫と言えば不吉の前兆だ、なんて話も耳にすることがあります。

この論説は主に、中世ヨーロッパが出所となっていることを知っている方も多いことでしょう。

黒猫は魔女の使いであると目され、魔女裁判が盛んだった時代には、魔女と認定された無辜の女性たちと共に捕獲され、殺されていたようです。

そういった風潮は未だに根強く、未だにイタリアでは黒猫を殺してしまう人々もいるのだとか。

人間が迷信に惑わされ、勝手に魔物扱いをするようになっただけで、罪もない黒猫が不吉のシンボルになってしまった、ということですね。

なんとも可哀想な話です。

一方、黒猫を幸福を招く動物とする国もあります。他の西洋の国々と同じく、かつて魔女狩りが行われていたイギリスですが、何故か黒猫は幸運の象徴という向きで捉えられることもあったようです。

また、日本においてもそもそも黒猫は福猫と呼ばれ、長年重宝されてきました。

それは招き猫に黒猫バージョンがあることからも窺い知れるところです。

■猫の集会を邪魔したら監視されるようになった知人の話…

ところで、屋外で生活する猫たちは、しばしば奇妙な光景を見せてくれることがありますよね。
そう、猫の集会です。

広い空き地なんかにぞろぞろ集まって、そこで数頭の猫が何をするでもなくずっと座っているという、アレです。

筆者はまだ見たことがないのですが、高校時代の同級生が偶然、十数頭もの猫が何をするでもなく集まっている光景を目撃したと話してくれたことがあります。

この同級生、しばらくその模様を観察していたのですが、やがてイタズラ心が芽生え「こら!」と猫たちを一喝したのだとか。

すると猫たちは一気に起き上がり、散り散りになって逃げてしまったわけですが、ここから彼の恐怖の日々がスタートします。

翌朝、学校に向かうために玄関を出ると、そこには無数の猫、猫、猫。今まで野良猫なんてそんなに見かけなかった地域なのに、この日から彼は、多数の猫に監視されるようになったそうです。

猫たちの目は常にこの同級生に向けられていたようで、酷いときには自宅2階のベランダに、いつの間にか猫が入り込んで、ガラス越しにじっとこちらを見ていたと言います。

何か唸るわけでも、恨み言を聞かせるわけでもないのが余計に不気味だったそうで、数日後、彼はとうとう、相変わらず玄関を開けたら包囲している猫たちに向かって「ごめんなさい」と謝罪しました。

すると猫の中の1頭が「ミャァ」と小さく鳴き、それを合図に猫たちは、1頭、また1頭とどこかに消えていきました。

そしてこれ以降、この同級生の家の周りに、監視の猫が現れることはなくなったそうです。

■おわりに

ちょっと話が長くなってしまいました。

が、猫にまつわる奇妙な話ってどこにでも転がっているので、ついつい「あれも紹介したい、これも伝えたい」となってしまいます。申し訳ございません。

猫というのは何とも不思議でつかみどころのない生き物です。

そんな存在だからこそ、きっとこれまでに、世界中で様々な因縁話が誕生することになったのでしょう。

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

明け方の大騒動!飼い猫たちが突然の大運動会。何故か室内にクワガタが… (7.31)

  • ニュース

ペットが「高級フード」しか食べない理由と対策 (7.30)

  • ニュース

猫がゴロゴロ鳴らすのはハッピーな時だけじゃない?どんな時に鳴らす? (7.30)

  • ニュース

野性の狩猟本能を満たす!猫のストレス解消には「かくれんぼ」ゲームが効果的!? (7.29)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る