TOP>ニュース > まるでアート作品!1台100万円の“美しすぎるキャット・ツリー”は、美しいだけじゃなかった

  • ニュース

まるでアート作品!1台100万円の“美しすぎるキャット・ツリー”は、美しいだけじゃなかった

外観の丸棒には接着剤も釘も一切使わずに、ダボと呼ばれる木製の棒を使い一本一本内側で留めるという、気の遠くなるような作業を繰り返して作られています。「飛騨の匠」ですら、このキャット・ツリーを造るのは1ヶ月に3台迄が限界とのこと。ちなみにこのキャット・ツリーを組み上げている職人さんも、猫と暮らしているそうです。

台座には、白地にグレーの流れるような美しい模様が入った、ギリシャ東北のドラマ県で採掘される白色系の大理石を採用。猫の体温調節のほか、本体の重心を安定させる役割もあります。滑らかな肌触りで、夏はひんやり涼しく、木陰で涼んでいる気分かも。爪とぎ用として支柱に巻かれているのは、創業 100年以上の老舗による国産の高級麻だそうです。

ちなみに、ユーザーの愛猫は、一番上のステップで心地よく寝ていることが多いそうです。美しいだけでなく、居心地のよさも考え抜かれたこんなキャット・ツリーなら、きっと幸せな夢が見られそう…。

取材協力/ (株)RINN

取材・文/桑原恵美子

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

たった1匹のサバイバル…無事に保護されたサビ子猫 (6.25)

  • ニュース

内容に大満足!本当に買ってよかった猫図鑑3選 (6.24)

  • ニュース

猫ってレム睡眠とノンレム睡眠、どっちの時間が長いの? (6.23)

  • ニュース

散歩中に子猫発見で焦るも…即座に見つかった飼い主候補に安堵 (6.22)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る