TOP>ニュース > 突然変異…?時代によって変わる猫のしっぽ

  • ニュース

突然変異…?時代によって変わる猫のしっぽ

突然変異…?時代によって変わる猫のしっぽ【ねこのはてな】

猫のシッポは長いほうが好きですか?実は、江戸時代には、短いシッポの猫が好まれたのです。

■突然変異した猫のシッポ

当時描かれた猫の絵を見ると、7割ほどの猫は非常に短尾なことが分かります。江戸時代の猫愛好家の間で、短いシッポの猫ほうが可愛いという好みの問題と、老猫になった時にシッポが二股に別れてしまう「猫又(ねこまた)」という迷信が信じられていたことが影響しています。また、猫の専門家によると、江戸時代中期に猫のシッポの突然変異が起きたと考えられています。猫の短いシッポは優勢遺伝するので、自然に産まれた短尾の猫と長尾の猫を交配すると、短尾の猫が生まれるのです。

■時代によって変わる猫のシッポ

明治時代、日本を訪れたイギリスの言語学者チェンバレンは、日本の猫のシッポが短くて驚いたそうです。しかし、いつしかシッポが二股になるという迷信も信じられなくなり、海外からシッポの長い洋猫が持ち込まれたため、和猫と洋猫の間に産まれた長いシッポの猫が登場し、次第に長尾の猫が増えていったのです。

明治中期に描かれた猫の絵を見ると、まだまだ短尾の猫が多く、長尾の猫は一般的でなかったことが分かります。そして、長尾の猫が戻ってきたのは、まだ最近のこと。あなたの猫のシッポは、どちらでしょうか。長尾の猫は優雅な感じがしますし、短尾の猫は愛嬌があり、どちらのシッポも素敵ですよね。

文/わたなべあや

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

【猫クイズ】短足・小型・巻き毛が特徴の「ラムキン」ってどんな猫種? (3.3)

  • ニュース

ぼくたちは猫を育てているのではない。猫に育てられているのだ。 (2.27)

  • ニュース

雪の降る中、お姫様抱っこで登校しました。 (2.27)

  • ニュース

タヌキは人を化かす!?ただしどうやら猫には勝てない (2.27)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る