TOP>ニュース > 宮沢賢治は猫が本当に嫌いだったのか?

  • ニュース

宮沢賢治は猫が本当に嫌いだったのか?

宮沢賢治は猫が本当に嫌いだったのか?

宮沢賢治は猫が嫌いだったのか、これはよく話題になることですが、猫が嫌いなわけではないと考える人もいます。その理由を探ってみました。

■本当に猫が嫌いなのか

宮沢賢治は、「銀河鉄道の夜」など、猫が登場する数々の作品を書いています。そのひとつ「猫」という随筆に、「私は猫が大嫌ひです。猫のからだの中を考えると吐き出しそうになります。(中略)どう考えても私は猫が厭(いや)ですよ」と書き綴っているので、宮沢賢治は、実は猫が嫌いだったのではないかと言われているのです。しかし、本当の猫嫌いが、自分の作品にそんなにたくさんの猫を登場させるでしょうか。猫嫌いだったとは、にわかには信じがたい話です。 

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

【猫クイズ】短足・小型・巻き毛が特徴の「ラムキン」ってどんな猫種? (3.3)

  • ニュース

ぼくたちは猫を育てているのではない。猫に育てられているのだ。 (2.27)

  • ニュース

雪の降る中、お姫様抱っこで登校しました。 (2.27)

  • ニュース

タヌキは人を化かす!?ただしどうやら猫には勝てない (2.27)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る