TOP>ニュース > 「招き猫」の発祥は東京都世田谷区だった?

  • ニュース

「招き猫」の発祥は東京都世田谷区だった?

「招き猫」の発祥は東京都世田谷区だった?

さまざまな招き猫がありますが、招き猫は、そもそもどこで、どのようにして誕生したのでしょうか。実は、現在の東京都世田谷区で招き猫は誕生しました。その歴史を振り返ります。

■井伊直孝を救った猫

招き猫の発祥は、東京都世田谷区にある豪徳寺というお寺です。もともとは弘徳院という名前の寺だったのですが、一時没落し、その後、彦根藩主の井伊家の菩提寺になったことで再興し、名前も井伊直孝の戒名にちなんで「豪徳寺」と改められたのです。

では、なぜ、滋賀県彦根の藩主であった井伊直孝は、この寺を大切にしたのでしょう。鷹狩の帰り道、直孝が弘徳院の前を通りかかった時に、一匹の猫が手招きしたそうです。直孝は「そうか、ならばここで休んで行こうと思い、寺に入って和尚と話をしていました。すると、みるみる天気が悪くなり、雷雨になったのです。その時、直孝は「猫に救われた」と思い、弘徳院を手厚く保護し、やがて井伊家の菩提寺にしました。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

猫と自転車をコンセプトにしたデザイナーズ賃貸「feel CnB」 (4.15)

  • ニュース

ネットで注文した猫のおもちゃが小さすぎた件 (4.14)

  • ニュース

見事にピーン!ちょっとおかしな行動をするペット15選 (4.14)

  • ニュース

アナフィラキシーショックに注意!愛猫のワクチン接種時に気をつけたい副作用 (4.14)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る