TOP>ニュース > 子猫を発見した時に真っ先にすべき3つのこと。

  • ニュース

子猫を発見した時に真っ先にすべき3つのこと。

子猫を発見した時に真っ先にすべき3つのこと。

猫の繁殖期は、年に数回、およそ2月から9月にかけて訪れます。そしてそのたびに2か月程度の妊娠期間を経て数頭の子猫が生まれるわけですが、全ての子猫が大きく育つわけではありません。

母猫の育児放棄によって命を落としてしまう子猫もいるし、繁殖にあぶれたオス猫によって命を奪われる子猫もいます。

ただ、中にはギリギリのところで人間に拾われる子猫も多く、特にこの時期はSNSでも連日、子猫を家で育てる決意をした方の投稿をいくつも目にします。

今は子猫に縁がないあなたも、もしかするとこの先ふとした拍子に、育児放棄された子猫や、飼い猫が産んだものの育てきれずに、人間によって遺棄された子猫を拾うかも分かりません。

そしていざそういった境遇の子猫に出会えば、とてもじゃないけど見過ごせないという方も多いはず。そこで今回は、子猫を拾った際に「これさえやっていれば当面安泰」とされる3点について、それぞれ紹介していきたいと思います!

■真っ先に動物病院に連れて行き、寄生虫の駆除や健康診断を受けさせよう!

もしもあなたが子猫を拾ったとき、早期にやっておくと安心できること。それはやっぱり動物病院に連れて行って健康状態を診断してもらうことでしょう。普通は見抜けない疾患があっても、専門家はしっかりと気付いてくれますし、飼育する場合は専門的なアドバイスをもらうことができます。

さらに子猫の体についたダニやノミの駆除もお願いできますし、獣医さんによっては、今後保護する際に役立つ道具をリストアップしてくれることもあります。

餅は餅屋といいますが、まさに子猫のことは不安があったら獣医さんに頼るのが一番です。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

【猫クイズ】短足・小型・巻き毛が特徴の「ラムキン」ってどんな猫種? (3.3)

  • ニュース

ぼくたちは猫を育てているのではない。猫に育てられているのだ。 (2.27)

  • ニュース

雪の降る中、お姫様抱っこで登校しました。 (2.27)

  • ニュース

タヌキは人を化かす!?ただしどうやら猫には勝てない (2.27)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る