TOP>ニュース > 浮世絵世界で猫と遊べる!江戸版猫カフェ「江戸ねこ茶屋」がオープン

  • ニュース

浮世絵世界で猫と遊べる!江戸版猫カフェ「江戸ねこ茶屋」がオープン

江戸ねこ茶屋製作委員会は、浮世絵世界で本物の猫と遊べる江戸版の猫カフェ「江戸ねこ茶屋」を2018年6月15日(金)からJR両国駅西口イベント広場「両国駅広小路」(東京都墨田区)で開催する。

「江戸ねこ茶屋」の猫の多くは保護猫。空前の猫ブームの裏で、保護猫の数は依然として多く、本イベントは同問題への関心を高める一助となることを目指し、収益金の一部を保護猫問題解決のための活動支援金として寄付。

開催を間近に控え、会場で触れ合える猫たちをご紹介!

<会場で触れ合える猫たち(一部)>


ホームズ


まなぶ


ロメオ


あぶ


アルファ


あさがお



チョコ

■浮世絵世界で猫と触れ合い、写真が撮れる非日常感満載の猫カフェ

「江戸ねこ茶屋」のコンセプトは「両国のとある江戸長屋の住民は全員が猫との噂。噂を聞きつけ全国から旅人が覗きにくる」というもの。長屋をモチーフにした建物の中は浮世絵の画像データと立体造形を組み合わせ、江戸の街並みと雰囲気を表現。

建物の中には「ねこ茶屋」「ねこ遊郭」「ねこ湯」「ねこ長屋」「ねこ広場」などのゾーンを設け、それぞれのシーンに合った浮世絵を使って江戸世界を再現しており、会場内のどこでも猫と触れ合ったり、写真を撮ることができる。また、使用した浮世絵の解説を通して江戸から続く人と猫との深い関係を知れる。

■オリジナルグッズも多数、猫好きアーティストの限定絵馬も販売

Tシャツ、クッション、巾着袋、ブックカバー、スマホケース、手ぬぐい、タオル、クリアファイル、畳コースター、シールなど多数のオリジナルグッズを用意。また、保護猫問題への取り組みにご賛同いただいた猫好きアーティストに協力してもらい、各限定一枚の絵馬を制作。


クッション(イメージ)


シール(イメージ)


Tシャツ(イメージ)


豆皿(イメージ)

なお、本イベントは両国の近隣施設とも連携し「粋な江戸の食文化を楽しむ。」をコンセプトとした魅力ある和食専門店が集まる「-両国- 江戸NOREN」や「すみだ北斎美術館」とのキャンペーンも実施する予定だ。

<江戸ねこ茶屋の概要 >

イベント名:特別企画「江戸ねこ茶屋」
開催日時 :2018年6月15日~2018年8月31日 11:00~20:00(最終入場19:00)
開催場所 :JR両国駅西口イベント広場
「両国駅広小路」(東京都墨田区)
最寄り駅 :JR総武線「両国駅」西口から徒歩1分
主催   :江戸ねこ茶屋製作委員会
後援   :墨田区/(株)テレビ東京
特別協力 :東日本旅客鉄道(株)
(株)ジェイアール東日本都市開発
協力   :(株)きゃりこ
企画制作 :KIRINZI inc.
企画監修 :長井裕子(国際浮世絵学会常任理事/那珂川町広重美術館主任学芸員)

関連情報/https://edonekochaya.com
構成/編集部

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

なぜ?「脱走した猫」が2頭になって帰ってきた事件 (1.25)

  • ニュース

人生の中で避けて通れない”恋”。あなたの恋愛タイプを診断【心理テスト】 (1.24)

  • ニュース

なんか様子が変。猫の「しぶり腹」って何? (1.24)

  • ニュース

悪徳業者に気をつけて!信頼できるブリーダーの見極め方 (1.23)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る