TOP>ニュース > 大量の毛を飲み込んで作られる「ヘアボール」猫に影響はあるの?

  • ニュース

大量の毛を飲み込んで作られる「ヘアボール」猫に影響はあるの?

大量の毛を飲み込んで作られる「ヘアボール」猫に影響はあるの?【ねこのはてな】

猫は、自分の舌や爪、手を使ってグルーミングできるので、人間の手によるグルーミングはいらないという人もいます。しかし、人の手でグルーミングしないとヘアボールができてしまうことがあるのです。

■ヘアボールと、その影響

猫は、主に舌を使って自分でグルーミングしますが、舌には、クシのようなトゲトゲがついています。問題は、そのトゲトゲが奥に向かって生えていること。舌を使ってグルーミングすると、被毛を飲み込んでしまうことになるのです。被毛を消化されず、そのまま消化管を通過し、排泄されます。しかし、そのまま胃に溜まってしまうこともあり、その被毛が固まって、俗にいう「ヘアボール」ができてしまうのです。猫は、ヘアボールを吐き出そうとしますが、吐き出せない場合、胃に膨満感を感じて猫は食事をしなくなってしまいます。また、ヘアボールは、便秘の原因になることもあるのです。

■ヘアボールの排出を促すには

胃の不調や便秘を引き起こす可能性のあるヘアボール。鉱物油などの下剤を使うと排出を促すことができますが、脂溶性ビタミンの吸収が阻害されます。いわゆる「猫の草」フウチソウを与えて排出を助けましょう。また、ヘアボールは、人間が定期的にグルーミングをしてあげることで、猫が大量の毛を飲み込むのを予防することができます。特に、マンチカンやペルシャなど長毛種の猫は、毎日ブラッシングしてあげましょう。短毛種の猫も人の手で手入れしてあげる必要があります。

文/わたなべあや

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

【猫クイズ】短足・小型・巻き毛が特徴の「ラムキン」ってどんな猫種? (3.3)

  • ニュース

ぼくたちは猫を育てているのではない。猫に育てられているのだ。 (2.27)

  • ニュース

雪の降る中、お姫様抱っこで登校しました。 (2.27)

  • ニュース

タヌキは人を化かす!?ただしどうやら猫には勝てない (2.27)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る