TOP>ニュース > 「ただいてくれたらそれでいい」 笑って、泣ける猫漫画『俺、つしま』

  • ニュース

「ただいてくれたらそれでいい」 笑って、泣ける猫漫画『俺、つしま』

「ただいてくれたらそれでいい」 笑って、泣ける猫漫画『俺、つしま』

数ある猫漫画の中で人気を集めている『俺、つしま』。

何気ない猫のしぐさや細かな毛色の表現が抜群の画力で描かれる猫漫画の根底にあるのは、溢れんばかりの猫愛。読み進めていくうちに猫への愛情がふくらんでいく作品だ。

主人公は、外でゴミを漁っていたところをおじいちゃん(実は女性)に保護されたキジトラの「つしま(つーさん)」。すでにおじいちゃんの家で暮らしていた先住猫の「ずん姐さん」やあとからやってきた「ちゃー」「おさむ」などとの暮らしぶりに猫あるあるが満載でニヤリとさせられる。

さらに、涙腺がゆるんだ読者が続出した「ただいてくれるだけでいいんだよ」のエピソードなど感動シーンも。

基本的に登場猫はみんな野良出身の保護猫。猫たちがどんどん心を開いていく過程なども描いており、最近の保護猫に対する注目にも応えている。

また、密かにファンの多い、真っ青な顔をしたおじいちゃん(実は妙齢の女性)のキャラがドジすぎて猫好きすぎておもしろい。

このおじいちゃんの飼い主あるあるにも猫飼い界隈から絶大な共感が寄せられている。

Twitter発の動物漫画が話題を集める中、『俺、つしま』が発するメッセージは?

高齢のおじいさんが亡くなって、家を失ったつーさん

猫が好きで飼っていたひとり暮らしの高齢者の方が、猫を残して亡くなる…最近、こうした事例が増えている。家族や住む家を失った猫は、その後、どこに行くのだろうか…。野良猫つーさんが辿った道は、実は日本のあちこちで今まさに起こっている問題でもある。

先住猫ズン姐さんとの別れが訴えること

昨今の猫ブームで「かわいい」といって猫を飼い始める人は多いようだ。最期に20年間の思い出を何時間も何時間も語り合ったズン姐さんとおじいちゃんの別れは、猫との暮らしを始めることは、約20年一緒に暮らす愛情と覚悟が求められることを教えてくれる。

俺、つしま

著・作/おぷうのきょうだい 

定価:本体1000円+税
判型/頁:B6判/176頁

関連情報/https://www.shogakukan.co.jp/pr/tsushimacat/
構成/編集部

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

交通事故に遭って保護された黒猫が、今は幸せに暮らしている話。 (12.5)

黒猫ラッキーくんと同居猫たち13
  • ニュース

撫でると噛む?猫がひそかに怒っている14のサイン (12.4)

  • ニュース

小学生のころ、猫の標本を見て知った“大切に扱わなければ”という思い (12.3)

  • ニュース

密航者の潜伏先は島のえき【田代島ドンベエ通信 】 (12.3)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る