TOP>ニュース > なんか様子が変。猫の「しぶり腹」って何?

  • ニュース

なんか様子が変。猫の「しぶり腹」って何?

猫の「しぶり腹」って知ってる…?【ねこのはてな】

愛猫が1日に何度もトイレで踏ん張っていると、便秘を疑いたくなります。

しかし、そうした行動は便秘ではなく、「しぶり腹」が原因であることも。

そこで今回は、便秘としぶり腹を比較しながら症状の違いを解説いたします。

そもそも便秘とは?

猫は通常、1日1回以上排便をします。

そのため、2~3日以上便が出ていないときは便秘を疑ってみましょう。

愛猫が便秘であるかどうかは、便の固さからもチェックできます。

健康的な猫の便はミルクチョコレート色で、押したときに少しへこむ程度のやわらかさです。

しかし、便秘であるときは便の色が黒くなり、固くなります。

形も通常の便とは違い、細い便やコロコロとした小さな丸い便しか出なくなります。

便秘サインをチェック

便秘になると、猫は何度もトイレに行き、力むようになりますが、どれだけ力んでも、実際には便が出ません。

また、中には排便時に痛みを感じるため、トイレに行きたがらなくなる子もいます。

こうした子は人間でいう切れ痔のような状態になっているため、出血が見られることもあるでしょう。

そして、便秘が何日も続くと、日常生活にも悪影響が出てきます。

例えば、嘔吐や下痢が見られるようになったり、食欲不振になったりすることも。

排便が上手くできていないので、お腹も張り、お腹を触られるのを嫌がるようもなります。

便秘による体調不良が原因で、遊びに興味を示さなくなり、大人しくなってしまう子も多いでしょう。

 便秘と間違えやすい「しぶり腹」とは?

「しぶり腹」は、炎症によって直腸が過敏になり、便の量が少なくても肛門まわりの筋肉が痙攣するため、便意を感じてしまう病気のことです。

この病気になると、便秘のときと同様にトイレへいく回数が増え、力むようになります。

そうすると、少量の便や粘液だけが出ることがありますが、中には便秘と同じようにまったく排便が見られない場合も多いでしょう。

しぶり腹は便秘と症状が似ていますが、対処法は異なります。

しぶり腹は、大腸炎や赤痢、潰瘍性大腸炎などといった病気により、直腸へ炎症が起きていることが原因となっている可能性もあるので、早めに獣医師へ相談しましょう。

便は、愛猫の健康を知るためのバロメーターとなってくれます。

だからこそ、異変や異常を感じたときは自己判断で対処せず、動物病院で診察を受けるようにしましょうね。

文/古川 諭香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

小学生のころ、猫の標本を見て知った“大切に扱わなければ”という思い (12.3)

  • ニュース

密航者の潜伏先は島のえき【田代島ドンベエ通信 】 (12.3)

  • ニュース

カプセルトイ「文豪猫」が発売。文豪たちがかわいらしい猫のフィギュアに変身 (12.1)

  • ニュース

心と体に負担を与えないためには?猫のダイエット時に意識したいポイント3選 (12.1)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る