TOP>ニュース > 輸血時に大活躍!「供血猫」って知ってる…?

  • ニュース

輸血時に大活躍!「供血猫」って知ってる…?

「供血動物」って知ってる…?【殿堂入り記事】

大きな手術を行う場合や大量出血が見られたときは、動物も輸血が必要になります。

そんなときに使われているのが、供血動物の血液です。

日本には動物専用の血液センターがありません。

そして、血液は長期保存が難しいとこともあり、動物病院では血液を提供してくれる供血猫や供血犬を飼っているところが多いのです。

こうした供血動物の多くは動物病院の前に捨てられていたり、里親が見つからなかったりした子だといわれています。

供血のために飼われていると聞くと、かわいそうな印象を持つ方もいるかもしれませんが、供血猫や供血犬たちは普通のお家で飼われているように過ごしていることも多いため、必ずしも不自由な思いをしているというわけではありません。

しかし、動物病院の中には供血動物に頼らなくても血液を提供できるよう、専用の冷蔵庫などを設置することで「血液バンク」を設け、血液を保存しているところもあります。

血液バンクが設置されている動物病院では献血ドナーを募集できるようになるので、供血動物たちへの負担が減らせるのです。

とはいえ、献血ドナーとなるには様々な条件をクリアしなければなりません。

例えば、猫の場合だと下記のような条件を満たす必要があります。

・年齢は1歳以上7歳以下

・体重が4kg以上

・完全室内飼い

・ワクチン接種済でノミ・マダニ予防もされている

・猫エイズや猫白血病ウイルスが陰性

・交配予定がないオス、または避妊手術を受けているメス

・いままでに輸血を受けたことがない

犬の献血車が街中を走り回っているアメリカとは違い、日本はまだまだ動物の医療体制が整っていません。

だからこそまずは、多くの人が供血動物の存在を知ることが大切です。

例えば、「空から見ててね いのちをすくう“供血猫”ばた子の物語」は大人から子どもまでが読め、供血猫の役目を知ることができる書籍です。

供血動物の存在を教え、伝えていくことは他の動物の命を救うだけでなく、供血猫や供血犬の負担を減らすことにも繋がっていくので、ぜひ家族みんなで考えて機会を持ってみましょう。

文/古川 諭香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ウミネコ、ネコザメ…猫以外の動物が猫と呼ばれる理由 (2.25)

  • ニュース

飼い主の帰宅が遅い!繊細な心を持つ犬猫写真14選!! (2.25)

  • ニュース

ロボット掃除機が近くで動いてもさして気にしなくなった。 (2.25)

  • ニュース

グレーの被毛が神秘的!「ロシアンブルー」の特徴は? (2.24)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る