TOP>ニュース > 猫が「季語」に? 芭蕉や一茶も詠んだ猫の俳句

  • ニュース

猫が「季語」に? 芭蕉や一茶も詠んだ猫の俳句

猫が「季語」に? 芭蕉や一茶も詠んだ猫の俳句

かつて俳人の小林一茶は、こんな俳句を詠みました。

恥入てひらたくなるやどろぼ猫 

食卓に並べておいた焼き魚でも、くわえていってしまったのでしょうか。“どろぼ猫”が恥じ入って平たくなっている情景が目に浮かぶ名句。今も昔も、こんなふうにひらたくなるのは猫族の特技なのですね。

1763~1824年の生涯で2万を超える句を詠んだ一茶ですが、その中で猫のことを詠んだ句は約340句もあります。私たちが愛してやまない猫たちは、古くから日本の芸術の題材になってきたのです。

一茶はこんな句も詠んでいます。

猫の子がちよいと押へる落ち葉哉

ニャンコと暮らす人なら、まさに猫あるある。ひらりひらりと舞い落ちてくる木の葉は、猫たちにとって無性にちょいと押さえたくなる対象なのです。この肉球の所作、たまりません…。一茶もそんな猫族の愛らしさにやられてしまったのでしょう。ちなみに、写真は我が家の愛猫・睦月。うしろでのぞいているのは愛犬の小雪です。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

愛猫を撫でていたら甘噛みされた!この時の心理は? (3.2)

  • ニュース

猫は「自分の名前」をわかっているのか? (3.1)

  • ニュース

僕なりの考察。一体なぜ猫は「いい匂い」なのか? (3.1)

  • ニュース

「三回なく猫」に遭遇したら要注意【まんが】 (3.1)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る