TOP>ニュース > 人間も食べられる!新鮮なペットフードを提供する「Just Food For Dogs」

  • ニュース

人間も食べられる!新鮮なペットフードを提供する「Just Food For Dogs」

人間も食べられる!新鮮なペットフードを提供する「Just Food For Dogs」

アメリカの健康ブームはペットも同様だ。それを象徴するかのように登場したペットフード店「Just Food For Dogs」は、店内でペットフードを調理。素材の味を生かしたとびっきり新鮮なフードを提供している。

店内にはドーンと大きなオープンキッチンが目に飛び込む。

午前中はこのキッチンを使用して調理。午後はそれを袋詰めしている。

名前の通り犬向けにオープンした店だが、現在は猫の商品も多少用意されている。猫用は残念ながら私が訪れた店ではレシピがなくここで調理したのものではなかったが、その日届いたものを提供。冷凍され、開けなければ1年の賞味期限がある。

犬用はここで調理されたもので「ビーフ」「ターキー」「フィッシュ」「子羊」など種類が揃っている。通常のフードのほかに、ペット用のサプリメントも販売。「プロバイオティク」や「アレルギーケア」など人間に勝る商品展開をしている。

トリートも充実。猫用にはサーモンが用意されているが、犬用にはチキン、ビーナッツバター、ビーフ、鹿肉などがある。スタッフの人いわく「チキンなどの犬用のものでも猫は好きよ」。しかも「人間が食べても美味しいわよ」とのこと。

試食がずらりと並んでいて、犬を連れてきて味見できるようになっているのだが、私の旦那は自分のつまみを探すようにボリボリ。その結果、もし我が家の猫が食べなくても旦那が「マヨネーズにつけて食べる!」と選んだチキンブレストのトリートを購入。

家に帰ると食いしん坊の太郎君は何かを感じとったのかソワソワ。袋に顔を突っ込んでいます。

太郎君に急かされ、さっそく与えてみることに。

すると・・・。

太郎君はまっしぐら。

旦那もすきを見てポリポリ。

ジッパーを閉じたのに・・・。

ガリガリ。こら(怒)

太郎君がまっしぐらに食べている姿を残念そうに見つめる旦那。確かに、このチキン、噛めば噛むほど味が出ておいしい。丸のみしている太郎君を見ていると「高いんだから、もう少し噛んで味わって!」と思ってしまいました。

値段は1袋$11。トリートにしてはかなりお高め。旦那のおつまみにしても高め。

やはり健康はお金で買わなければならないでしょうね。

文/舟津カナ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

【猫クイズ】短足・小型・巻き毛が特徴の「ラムキン」ってどんな猫種? (3.3)

  • ニュース

ぼくたちは猫を育てているのではない。猫に育てられているのだ。 (2.27)

  • ニュース

雪の降る中、お姫様抱っこで登校しました。 (2.27)

  • ニュース

タヌキは人を化かす!?ただしどうやら猫には勝てない (2.27)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る