TOP>ニュース > 守るべき存在があることが災害時に人を強くする。「どんな災害でもネコといっしょ」が本日発売!

  • ニュース

守るべき存在があることが災害時に人を強くする。「どんな災害でもネコといっしょ」が本日発売!

2016年4月の熊本地震で、自身が熊本市内で経営する「竜之介動物病院」をペット同伴の避難所として開放した獣医師・徳田竜之介氏。ペットを助けることが、飼い主を助けることにつながるという信念のもとペットと防災ハンドブック「どんな災害でもネコといっしょ」を発売する。それに際し、災害時にペットと生きるためにしておくべきこと、また、ペットと防災にかける思いについて語っていただいた。

守るべき存在があることが
災害時に人を強くする

――ペットと防災をテーマにした本を作ろうと思ったきっかけは?

「災害を経験してみないとわからないことがたくさんあるんです。人の被災に関しては災害マニュアルなど多くの本がありますが、ペットと一緒に被災した場合にどう対処するべきなのか、についてまとめられた本は少ないですよね。わたしは、自分自身で実際に熊本の災害を経験したことを踏まえて、災害に対してどのように準備をし、実際に起こった時はどうすれば良いのかをみなさんに伝えたいと思ったのがきっかけになりました。わたし自身も災害を経験した獣医師として伝える責任があると感じています」

――日本人には、災害が起こるのはまだ先だろう、私たちの地域は大丈夫と「対岸の火事」と行った感覚があるような気がします。

「そうなんですよね。私は、こないだ仕事で東京に行く機会があったのですが、建物内に入ったときに“今、ここで地震が起こったらどうなるんだろう”と考えましたね。まだ、被災した経験のない東京などの大都市は、地震などの災害に備えた準備がなされていないのではないかと感じました。一度被災すると、常に“ここで災害が起きたらどうしよう”という考えが働くようになるんですね。みなさんも災害に備え、非常口を確認しておくだとか、避難経路はどうなっているのかとか、常に起こりうる災害に対して準備を怠らない意識が大切だと思います」

――自分自身のことすら守ることができなければ、飼い猫まで守れないと思うと、ペットを飼うことが無責任に思えてきました。

「でもね、ワンちゃんや猫ちゃんもそうですが、愛する家族、恋人、友人など守るべきものがある人って強いんです。災害があったら、動物まで守れないから飼わないという考え方はしなくていい。ペットを飼っている人の方が強くなれるので、自分が守るべき存在を作るために、ペットは飼っていた方がいいと思いますね。自分一人だったら、“なんとかなるだろう”って考えてしまいがちですからね。だから、ペットを飼っている人ほど、“災害が起こったら、自分とペットはどうすればいいのか”という安全・安心に対しての意識は高くなると思います」

――守るべきペットがいるからこそ、自分の身も大切にできるし強くなれると。

「そうそう。この本もね、ペットのための災害の本を書いたつもりはないんです。災害が起こったときにペットと一緒に安全に生き抜く方法を知って欲しいと思って作った本なんです」

――避難所に避難するほどではない地震や台風なども日本は多いですが、その際に飼い猫にしてあげられることはあるのでしょうか?

「人間よりも、ワンちゃんや猫ちゃんの方が、異変に対して敏感なんです。だから、日頃からワンちゃんや猫ちゃんの行動を観察していれば、“何かおかしいな”と気がつくはずだし、そこで人も気がつかなければならない。

実際に、熊本地震の時も、余震が続いていましたが、余震の起こる2、3分前にワンちゃん、猫ちゃんの様子がおかしくなるんです。動物を飼っている人は、異口同音にそれを言っていましたね。だから、人よりも動物の方が、冷静に状況を見極めて行動していると思います。東日本大震災の時の研究データで、野良猫や地域猫は、津波が来る前にみんな避難して多くが助かっているということがわかっているんです。野生の動物ほどではなくても、飼われている動物もみんな敏感。だからこそ、普段から、飼っている動物たちの行動パターンを知っておいて、異変をいち早く察知し、行動を起こすことが大切です。そういう意味では、人間に異変を教えてくれる存在なんですね。動物を見習うということも大切だと思います。それがいち早く察知できれば、ペットがいつも使っているキャリーバッグを用意して、いつでも外に出れる状況を作るなど、万が一に対して準備ができますからね。人も本来、予知能力はあるのですが、ケータイやネットなどの情報に頼りすぎてその力を発揮できないでいるんです。

わたしも熊本で、開業した際に、災害に備えた建物を作って、その2年後に災害がおきましたからね。まさにそれも予知能力だったと言えるかも(笑)」

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

超ド級…!?日本各地に伝わる「巨大猫伝説」 (9.24)

  • ニュース

【田代島ドンベエ通信 】またおいでモンちゃん (9.24)

  • ニュース

猫の噛み癖はなかなか治らない!どうすれば矯正できるのか (9.24)

  • ニュース

他人から見たら「ネコバカ」。でも、それが役立つ時もある。 (9.23)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る