TOP>ニュース > 猫と行くキャンピングカーの旅 in デスバレー国立公園

  • ニュース

猫と行くキャンピングカーの旅 in デスバレー国立公園

猫と行くキャンピングカーの旅 in デスバレー国立公園

日本の25倍以上の国土を誇るアメリカ。その中でも134万ヘクタールある全米最大規模の広さを持つデスバレー国立公園。広さだけでなく全米で最も気温が高く乾燥している場所としても有名で、夏は50度を超えることもある場所です。

今回のキャンピングカーの旅はこのデスバレー!夏は暑くて動くのも億劫になりますが、実は春は過ごしやすく猫たちも好きな国立公園のひとつです。

デスバレー内には数カ所キャンプ場やRVパークがありますが、ペットとキャンプ場に泊まるときまず注意してほしいのが、ペットフレンドリーの場所かということ。

実はペットNGのキャンプ場もあります。昔太郎君と権平君を連れて行ったキャンプ場はペットNG。「このまま泊まれず家に帰らないといけないのかな?」と思っていたら、オーナーが猫なら今回はしょうがないからOKということで泊まることができました。キャンプというとペットフレンドリーなイメージがありますが、意外とダメなところも多いのです。また、ペットフレンドリーの場所でもペット同伴の場合、追加料金が必要な場所もあります。

今回のRVパーク「Panamint Springs Resort」は、デスバレーの西側。砂漠地帯が広がる見渡しのよいキャンプ場です。

ロサンゼルスから車で休憩を入れながら約5時間の旅。権平君は悪路も気にせず爆睡。ちゃんと手で揺れを抑えているところはさすがです。

キャンプ場に着くとまず2匹はRVの中から外をチェック。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

猫は流れる水が好き?話題の「非電化給水器」をレビューしてみる (9.28)

  • ニュース

犬や猫にも「食欲の秋」があるって本当?【兵藤哲夫の徒然日記】 (9.27)

  • ニュース

猫が便秘になる原因はさまざま。予防する方法とは? (9.27)

  • ニュース

「猫を飼ってはならない」という掟が破られた家の話 (9.26)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る