TOP>ニュース > 自動タグ機を使って簡単にペットのIDタグを作ろう!

  • ニュース

自動タグ機を使って簡単にペットのIDタグを作ろう!

自動タグ機を使って簡単にペットのIDタグを作ろう!

アメリカでは犬や猫のマイクロチップが義務になっていますが、IDタグをつけているペットも多く、その理由のひとつとは手軽に作れる点です。アメリカの大手ペットショップでは、店内に自動IDタグ作成機が置いてあり、その場で簡単に作れるのです。

アメリカの2大ペットショップといえば全米にそれぞれ1,500近く店舗を持つ「PETSMART」と「PETCO」。その両店舗とも店内に「TagWorks」「FIDO」という自動IDタグ機を保有しています。

作り方は簡単。

店内にあるタグコーナーから好きなカタチを選びます。タグの形は骨の形やハート型のものなどさまざま。犬用だけでなく、猫用に魚の骨がデザインされたものなどもあり、大きさ、色、デザインも豊富です。まずは、ペットをイメージして、その子に合うものを選びましょう。デザインが決定したら、そのタグの支払いをします。デザインや大きさによって値段は多少異なりますが、たいたい$10前後です。

支払いを済ませたら、レジを出たところにIDタグ機があります。そこに支払いを済ませたタグを入れて、タグに入れたい文字や電話番号をタッチパネルに従い入力。そうするとその場で機械が文字を刻印。1分ほどでカスタムIDタグが作成されます。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

猫好きなら全部知ってて当然?猫のトリビア10選 (9.17)

  • ニュース

最近はよく鳴くようになりました。話しているかのように、色んな鳴き声を出します。 (9.17)

  • ニュース

アレもコレも…猫にとって「有害な食品」は日常に溢れている (9.17)

  • ニュース

愛猫と長く暮らすために!猫の「認知機能不全症候群」について考える (9.16)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る