TOP>ニュース > 「雑巾猫」なんて呼ばにゃいで!サビ猫が抱えている悲しい現状

  • ニュース

「雑巾猫」なんて呼ばにゃいで!サビ猫が抱えている悲しい現状

しかし、サビ猫は温厚な性格をしているため、とても飼いやすい猫です。

三毛猫よりもおっとりとしており、飼い主さんや同居猫に対して優しく接してくれる子も少なくありません。

サビ猫が持つ、こうした内面の魅力は実際に飼育しないと分からないものですが、持って生まれた柄によってニャン生が決まってしまうのは、とても悲しいことなのではないでしょうか。

サビはグッズ販売なども少ないため、まだまだ知名度が低い猫柄です。

だからこそ、まずはサビ猫が抱えている現状を理解し、広めていくことが大切だといえます。

みんなで情報の輪を広げていけば、サビ猫が抱えている悲しい現状を変えられるかもしれません。

文/古川 諭香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

【猫クイズ】短足・小型・巻き毛が特徴の「ラムキン」ってどんな猫種? (3.3)

  • ニュース

ぼくたちは猫を育てているのではない。猫に育てられているのだ。 (2.27)

  • ニュース

雪の降る中、お姫様抱っこで登校しました。 (2.27)

  • ニュース

タヌキは人を化かす!?ただしどうやら猫には勝てない (2.27)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る