TOP>ニュース > 第十回 介護ネコ第一号家郎 遠出をする!!【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護猫!】

  • ニュース

第十回 介護ネコ第一号家郎 遠出をする!!【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護猫!】

この物語は、ここ30年でノラ出身のネコを12匹保護し、一緒に生活を続け、そのうちの11匹をすでに高齢で看取った今、残りの一匹“ビッタ(18才・オス)”と暮らす中年男の喜怒哀楽に満ちた日常の記録である。

第十回 介護ネコ第一号家郎 遠出をする!!

すっかりボケ老ネコとして円熟の安定期に入った家郎。

たまに行くする動物病院の定期検診で、こんなことを勧められた。

「一度、大学病院で検診してもらいます? 紹介状書きますけど」

先生の話を要約すると、特に現状に問題はないけれど、浣腸に頼っている弱った排泄機能の働きを、一度詳しく獣医大学の大学病院で検査してもらってみてもいいんじゃないか? ということだった。

特に今のままで家郎本人もストレスを感じてないみたいだったけど、もし原因がわかって治療できるものならしてらもらいたい。

ただ、聞けばその大学病院まではウチから電車にって30分くらいかかるという。その移動が家郎にとって苦痛にならないか?

それだけは心配だった。

ちょっと考えさせてください、とその日は返事をして帰宅し、妻と色々考えてみた。

「問題は家郎自信の気持ちだからね〜」

家郎を見ると、あいかわらずポケーッと我関せずの涼しい顔をしている。

「家郎、行ってみたいか? 大学病院」

頭を撫でながらそう問いかけると、今までの無関心な表情から一転、なんだか興味ありそうな目をしてコッチを見た。
「ひょっとして行きたいのか? “うん、行きたい!”」

えー今のセリフの後半の“うん、行きたい”はワタシが勝手に家郎の心理を代弁したヤツです。

ネコと一緒にいると、よくネコの気持ちを勝手に推察して、ネコの気持ちでセリフ言ったりすることない? コレ、ネコあるあるだと思うんだけどさ。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

【猫クイズ】短足・小型・巻き毛が特徴の「ラムキン」ってどんな猫種? (3.3)

  • ニュース

ぼくたちは猫を育てているのではない。猫に育てられているのだ。 (2.27)

  • ニュース

雪の降る中、お姫様抱っこで登校しました。 (2.27)

  • ニュース

タヌキは人を化かす!?ただしどうやら猫には勝てない (2.27)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る