TOP>ニュース > 乗車の前は気をつけて!「猫がクルマに入り込んだことによるトラブル」

  • ニュース

乗車の前は気をつけて!「猫がクルマに入り込んだことによるトラブル」

JAFは猫の日(2月22日)を前に、1月1日~31日にかけて発生した「猫がクルマに入り込んだことによるトラブル」の救援依頼件数を発表した。


タイヤの上でくつろぐ猫

1月1日~1月31日に猫が原因で起こったトラブルで、JAFが出動した件数は19件。

このうち13件がエンジン始動後に異変に気づいたものだった。猫が侵入していることに気づかずエンジンをかけてしまうとエンジンベルトに巻き込まれる場合がある。猫の命を守るためにも、乗車の前はボンネットなどエンジンルーム付近をやさしく叩くことを実践しよう。

理由は“暖かいから”だけじゃない!沖縄でも救援依頼

1月に出動した19件のうち1件は沖縄県での依頼だったという。

寒い冬に暖かい場所を求めてエンジンルームに侵入すると思われがちだが、JAFには1年を通して猫がクルマに入り込むトラブルの救援依頼があった。

猫は暖かい場所だけでなく狭い場所も好む。駐車しているクルマのエンジンルームは風雨が入りにくく暗く狭い空間で、人の往来が少ないと警戒心の強い猫にとっては安心できる場所なのである。

依頼の中には「エンジンルーム下部のアンダーカバーの上に猫が4匹生まれていた」というものがあった。雨風がしのげる暖かい空間は、母猫にとって子どもを生む良いスペースだったのだろう。

駐車場の周りでよく猫を見かける、長い間クルマに乗っていなかったという場合はエンジンルーム付近を叩くだけでなく、ボンネットを開けて確認するようにしてみよう。いつの間にか愛車が子猫のふるさとになっているかもしれない。

関連情報
http://qa.jaf.or.jp/trouble/prevent/15.htm

構成/編集部

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

「猫を飼ってはならない」という掟が破られた家の話 (9.26)

  • ニュース

猫がいる家で「ロボット掃除機」を使わない方がいい理由 (9.26)

  • ニュース

【仔猫を拾ったので】ケースついでにさりげなく一緒に外に出るつもり? (9.25)

  • ニュース

猫飼い主が絶対に気をつけたい「室内の危険ゾーン」 (9.25)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る