TOP>ニュース > 【看板猫探訪】媚びない猫店長「ハナ」ちゃん。

  • ニュース

【看板猫探訪】媚びない猫店長「ハナ」ちゃん。

#NEKOHONDANA

ロクブンブックステーションの「ロクブン」は漢字で「鹿文」と書く。元々は宇都宮の睦町に「鹿文書院」という名前であり、昭和61年に今の場所へ移転したそうだ。本の数は約2万点。その中で「猫本」と言われるものは、専用コーナーに約450種類、それ以外に各コーナーにあるものを合わせると500種類になる。おそらく栃木県内の書店では「猫」関係の本の取扱いが一番多いだろう。特に猫本には思い入れが深く、人店長の勢賀さんは「本は見せなきゃダメ!」と「面出し」に拘っている。

猫本コーナーを作ったきっかけは、あるつぶやきからだったと話す。2010年、ある出版社が「ウチにはこんな猫本がある」とツイッターでつぶやき、このつぶやきに「ウチには〜」といろんな出版社が反応。それをきっかけに、本棚をひとつにまとめようという企画が生まれ、「#NEKOHONDANA」というハッシュタグができた。

そして、その猫本棚を扱ってくれる書店を募集した際、この流れを見守っていた勢賀さんは、すぐに手を上げ参加。当時これに参加した書店は全国でも20店もなく、時間の経過とともに本棚を縮小していく書店が相次いでいった。しかし勢賀さんはそのまま残し、今では逆に4本まで増やしていった。

今やどこの書店でも猫コーナーを作り、この空前のブームに乗っかっている感がある中、それ以前からの取り組みは本当に猫好きなんだなと感じさせられる。

そんな勢賀さんにオススメの本は?と聞くと、「猫好きとしてはね〜これかな♪」と「猫のしもべとしての心得(NHK出版)」を差し出した。

「猫好きの人って、猫を飼うんじゃなくて、猫様を飼わせていただいているという『しもべ』的感覚なんだよね」と嬉しそうに話す。そんなしもべ心をくすぐる内容が満載だという。

宇都宮に来たら餃子もいいけどハナ店長もね♡

【ロクブンブックステーション】
住所/〒320-0843 栃木県宇都宮市花園町3番3号
電話/028-637-4341
営業時間/10:00〜22:00
定休日/年始
駐車場/あり(7台)
公式サイト/http://www.rokubun.com/

取材・写真/ケモノの写真作家 小山 智一(NeCozou)
クリイティブディレクター、コピーライター、グラフィックデザイナー、エディター、そしてフォトグラファーとその全てをひとりで熟す異色の写真家。 http://ne-cozou.com/

配信サイト:「ペットゥモロー」
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
https://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

知ってる?猫がフワフワした理由。 (8.20)

  • ニュース

秀吉の朝鮮出兵に参戦した7頭の猫、その特別な役目とは? (8.20)

  • ニュース

もしかしてそれは、パパンロス?【ねこの写真で4コマ漫画】 (8.20)

  • ニュース

鹿とにらめっこの勝負は…?【猫と行くキャンピングカーの旅】 (8.19)

  • ニュース

夢の中で宇宙人からプレゼントをもらいました。それは何?【猫と心理テスト】 (8.19)

  • ニュース

猫が30年生きると大妖怪「猫ショウ」になれる? (8.19)

  • ニュース

パパン今日から仕事なの【ねこの写真で4コマ漫画】 (8.19)

  • ニュース

「私、泳げます」泳げる猫のターキッシュバン (8.18)

もっと見る

注目のグッズ

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る