TOP>ニュース > 【ねこのはてな】十二支に猫が入っていない理由

  • ニュース

【ねこのはてな】十二支に猫が入っていない理由

十二支が日本に伝わったのは六世紀半ばごろでその存在は『日本書紀』に記されているそうです。江戸時代には一般市民の間に浸透し、それ以来、親しまれています。猫好きな皆さんは、十二支になぜ、猫が入っていないんだと不満に思っている方も多いはず。

実は、海外にも干支があって、それぞれの国で十二支に入っている動物は異なっているんだそうです。ちなみに、チベットやタイ、ベトナムでは、ウサギの代わりに猫が入っているんですって。肉球スタンプの年賀はがきが作れるなんて、羨ましい国だニャー。というわけで、日本の十二支に猫が入っていない理由を調べてみました。


別にいいんだけどね…気になるよね…。

猫が十二支に入れなかった理由を説いた民話がある!

猫が十二支に入れなかった理由を説いた逸話が福島や沖縄に残っているそう。その物語とは…。

昔、神様が動物たちにお触れを出しました。

「元日の朝、新年のあいさつにきた者を、その年のリーダーとする。その後は毎年入れ替わり制で、12匹を選抜メンバーとする」

動物たちは、1番になろうと、元日を楽しみに待っていました。けれど猫は、その日がいつだったか忘れてしまいます。そこで、ネズミに尋ねたところ、一番になりたいネズミは、ネコにわざと1日遅れの日にちを教えました。ネコはネズミに感謝し、まだ時間があるなと一眠りすることにしました。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

【獣医師監修】「ペット信託」が飼い主さんを救う日がくる? (9.19)

  • ニュース

子猫時代の思い出?“飼い主と散歩したがる猫”の秘密に迫る (9.19)

  • ニュース

髪が長い飼い主さんは要注意!飼い猫がその髪を誤飲するかも (9.18)

  • ニュース

猫好きなら全部知ってて当然?猫のトリビア10選 (9.17)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る