TOP>ニュース > 【保護猫と暮らす】「前を向いて生きることを教えてくれたのは黒猫兄弟でした」

  • ニュース

【保護猫と暮らす】「前を向いて生きることを教えてくれたのは黒猫兄弟でした」

「前を向いて生きることを教えてくれたのは黒猫兄弟でした」

『逆境の中で咲く花は、どの花よりも貴重で美しい』
今なお世界中の人に夢を与え続けるウォルト・デイズニーの言葉です。Uさんご夫婦にとって2匹の黒猫との出会いは、人生を鮮やかに彩る花のようにとても美しいものでした。

「男同士ですがラブラブという言葉がピッタリ。いつも一緒に行動しています」Uさんと暮らす2匹の黒猫「そら君」と「りく君」は実の兄弟だけあって、顔も仕草もそっくり。寝る時も体を寄せ合い、仲の良い姿を見せてくれます。でも、性格は大違い。

そら君は甘えん坊でちょっとビビリな性格。雷や打ち上げ花火、地震速報の音を聞くと隠れてしまうんだそうです。一方、りく君は好奇心旺盛で何にでも興味を示すものの、飽きっぽいタイプ。性格が違うからこそ仲良しなのか、2匹はトイレもいわゆる“連れション”だとか(笑)

印象的な名前の由来は音の響きが全く違い、彼ら自身が覚えやすい音。そして、フタリで1セットになるような名前ということで、「そら」「りく」になったそうです。

「初めて我が家に来た時、最初にキャットタワーの頂上に登頂した方を「そら」と決めました。そらは高い所へ登るのが得意で、りくは床を走ることが得意。名前の通りに育っています」

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

猫好きなら全部知ってて当然?猫のトリビア10選 (9.17)

  • ニュース

最近はよく鳴くようになりました。話しているかのように、色んな鳴き声を出します。 (9.17)

  • ニュース

アレもコレも…猫にとって「有害な食品」は日常に溢れている (9.17)

  • ニュース

愛猫と長く暮らすために!猫の「認知機能不全症候群」について考える (9.16)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る